ゆっくり堂のホームページをリニューアル中です。

こちらをご覧ください。

リンク先

顔面診
http://yukkurido.jp/keiro/sisn/bou/gmsi/

経絡鍼灸教科書
http://yukkurido.jp/keiro/


ゆっくり堂トップページ
http://yukkurido.jp/


home

鍼灸院治療内容

鍼灸院脈の見方

鍼灸院経絡治療とは

鍼灸院お勧めすぐ効くツボ

子宝相談

ゆっくり堂鍼灸院お勧め気血水ダイエット

宝鍼箱

ゆっくり堂鍼灸院はこんなお店です

↓姉妹サイト↓
健康BOX
やまちゃん通信
やまちゃん放送局

経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ

b202 顔面診

※ 目の間手面範囲・色・艶・生理的か病的変化識別、五色の分別が重要です。


黄帝内経「霊枢」五色論篇 第四十九、 顔面部位・ 五竅(五臓の疲れを知る所)

黄帝内経「素問」刺熱論篇 第三十二、二章、一節

刺熱論、熱病における顔色の所見。 訳文。

肝の熱病の場合、左頬がまず赤くなる。 
心の熱病の場合、額(ひたい)がまず赤くなる。
脾の熱病の場合、鼻がまず赤くなる。
肺の熱病の場合、右頬がまず赤くなる。
腎の熱病の場合、頤(あご)がまず赤くなる。

黄帝内経「素問」風論篇 第四十二、第三十二、二章、一節

を参考に製作されています。


  顔面診 五臓色体・刺熱論・風論篇・五色論 表  gbk11



顔面部位・五竅・刺熱論・風論篇 図 gbk21




  顔面診のポイント

例えば顔 の五行的配当は、前額部(ひたい)は心・
鼻部は脾・右頬(ほほ)は肺
左頬は肝・
顎(あご)は腎、〔を診る。〕

 これは母親が子供に熱がありそうな時、額に手を当ててその有無を知る。
極一般的に行っている動作である。 
また顎の辺りの皮膚炎や湿疹は、腎経と係わりが深い場合が多い。
臨床的にも大いに役立つている。 

続いて、〔五竅:c202 五行の色体(表・図)望診における
五臓の色体(分類)表、参照〕
目は肝・鼻は肺・耳は腎・唇は脾・舌は心、
これらは臨床的に価値が高い。
 
しかし素問金匱真言論、でいう、
目は肝・鼻は肺・唇は脾・舌は心・二陰は腎、
という観点に立つ時にはやや実行しにくい。  
 
 望診の中心とも言える五色の色艶についてであるが、これはいつも意識して観察し続けないと、中
々習得困難である。―  以下に五色の生色・死色の表を掲げて参考に供する。 

五色の生色・死色の表(原論p284)〔c202 五行の色体(表・図)〕
生色 :艶やかな色。 青:川蝉艶 ・ 赤:鶏冠艶 ・黄:蟹腹艶 ・白:豚膏艶・ 黒:烏濡羽艶。
死色 :光沢の無い色。 青:草絞汁・赤:古血 ・黄:カラタチの実の如く光沢なし。白:枯骨 。黒:煤如。

 五色を知るには、
顔面や尺部(前腕前面)を窺い、
全身の経絡変動を推し測り、
診察診断を進める

またこれには異説もあるが、
[青は痛み、赤は熱、白は冷え、黄色は栄養障害、黒は慢性痼疾を表すと診る]
これもまた臨床的に価値が高い。 

---------------------------------


 目の五行  (望診) (イラスト図 gbk22 )参照。

−参考文:小里勝之先生−

目は肝の外口であり、目に異変が生じた時は一応肝臓の病と考えられるが、目にも五行があって、

瞳は腎水、
虹彩は肝木、
白眼は肺金、
内眥・外眥は心火、
上下の瞼は脾土と、
          それぞれ主る。
目の病には、
視力に障害をきたすもの、赤く腫れ痛むもの、涙を流すもの、眼瞼下垂症、ものもらい等種々ある。  
いずれも五行の主りを考えた上で証の弁別をすること。

機関紙:経絡鍼療 「論考 身体各部の病症と経絡鍼灸治療」 小里 勝之 先生 の発表より。




柳下 登志夫 先生 語録集

【診断:肝木の目にもその虚実、五色で五臓の変動がある。】
例えば「目」に関する基本実例として、
目は肝木・肝臓、寒さに当たって沁みて涙が出るは「陰性で虚の状態」。
目が熱いは「陽性で実の状態」。
自然に目が閉じてしまうのは虚。 
目が開いて閉じないのは実。

色体表の五色で分別すると、目が開いている時、あるいは目が閉じていても、「色」が見える患者がいる。青い光は肝木の変動。
赤いものは心火の変動。
黄色の輪が見えるのは脾土の変動。
キラキラ光る白いものが現れ飛ぶときは肺金の変動。
黒い点・線・棒・面が現れるは腎水の変動。

五臓の色体表を実際に活用する場合は陰陽五行論と一体化し、
証決定の手順を踏みそのひとつの条件として見なすべきである。

経絡治療学原論上巻臨床考察‐基礎・診断編‐ 頁:86・平成15年7月 収録より。


経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ






鍼灸師の山口です。

宮崎の夏はアロハが似合います。
もちろん鍼灸治療中は白衣の鍼灸師です。
ゆっくり堂 鍼灸院・ 鍼灸師:山口一誠


2008年4月8日、ゆっくり堂 鍼灸院を開設しました。

漢方医学には三つの治療方法があります。
ゆっくり堂は、20年の漢方薬の指導に加えて、鍼灸治療の
二つの健康療法でお客様の健康にに奉仕します。

ゆっくり堂 鍼灸院の治療内容は
こちらをクリックしてください。


漢方薬のご相談はこちらから
ゆっくり堂・薬の山口にて承ります。

最近、ブログしています。
ゆっくり堂の健康通心です。

おもしろ健康情報が無料で聞けます。
やまちゃん放送局

* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠

やまちゃんのプロフィール

1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂 薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中

 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26
営業日

営業時間
土曜日、日曜日も
営業します。
午前9時〜午後7時
定休日 火曜日です。
あなたの都合の良い日時をお電話ください。0985-50-5174
yukkurido@ybb.ne.jpまでメールください
ゆっくり堂鍼灸院までの案内図
since 2002.12.25 last update 2008.9.29
1