ゆっくり堂のホームページをリニューアル中です。

こちらをご覧ください。

リンク先

腹診・脉証腹証一貫性
http://yukkurido.jp/keiro/sisn/bou/hara/#


経絡鍼灸教科書
http://yukkurido.jp/keiro/


ゆっくり堂トップページ
http://yukkurido.jp/

home
経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ



b204    腹診


腹診には望診と切診があります。 このコーナーではそれらを総合的に述べます。



                  図ー1                               図ー2


1、腹診の診所(診察場所) 図ー1

肝の診所は臍の左下、側腹部、胆経の帯脉穴 より居リョウ穴までの部 。
心の診所は中カン穴の少し上より、鳩尾穴にいたる部。
脾の診所は臍を中心にその下一寸の陰交穴より中カン穴の部。
肺の診所は右肋骨弓(季肋)下の日月穴、腹哀穴 より、臍の右側に及んでやや斜めの位置。
        (左の肺の比較も診断のポイントになります。)
腎の診所は陰交穴より恥骨上際に至る部。


2、腹診の診所(診察場所) 図ー2

大腹:肋骨弓(季肋)下から臍に至る部の範囲。
(肺・心・脾の経絡変動を診る)また、中焦と言い営衛の生成(消化吸収)に関係する。
小腹:臍から下、恥骨上際に至る部の範囲。
(腎・肝の経絡変動を診る)また、下焦と言い排泄に関係する。
側腹部:脇の下から股関節に至る部の範囲。


3、腹診の診所を特定するツボ(穴)について。

ツボ(穴)の名前  場所(取穴)   (特徴)        所属経絡

日月穴   期門穴の直下5分に取る.  (胆経の募穴)       第Jルート.足の少陽胆経
帯脈穴   章門穴の下1寸8部で、臍と同じ高さの水平線上に取る.第Jルート.足の少陽胆経
居リョウ穴  維道穴から環跳穴に向かい下3寸に取る.         第Jルート.足の少陽胆経
期門穴   第9肋軟骨付着部の下際に取る (肝経の募穴)      第12ルート:足の厥陰肝経
腹哀穴   大横穴の上3寸、建里穴の外3寸5分に取る.        第4ルート足の太陰脾経
陰交穴   神闕穴の下1寸に取る.                        任脈
中カン穴  神闕穴の上4寸に取る. (胃経の墓穴・腑会)            任脈
鳩尾穴   胸骨体下端の下1寸、神闕穴の上7寸に取る.(任脈の絡穴)  任脈


4、腹診における望診のポイントについて。

皮膚の色の生気を診ます。(虚実の判定)
皮膚の艶・光沢・病的変化、五色(生色、死色)の分別が重要です。
これは、病気の軽重(虚実の判定)の判定になります。
また、
傷、手術痕、白い斑。 粉をふいた部位。 赤い斑点。 シミ。 ホクロ。大きいホクロの際。 
シワの先端。 シワの交点。 毛穴、毛並み、毛の立つ方向、体毛のない部位。
などをも診ます 。
特に、 肺の診所は左右の肺の比較も診断のポイントになります。
また、
臍の型の診方として、
丸臍型は正気得る型。横臍型は正気虚損。立臍型は正気溢し邪気に変わる型と診ます。

参考:五行の色体表 コーナーへ。


5、腹診における切診。

ここでは、腹診全体を述べますので、望診と切診を総合的に述べます。


6、腹診の診察の方法。


@ 患者を診台上に仰臥位(仰向け)させ、腹部を緩やかにし、その両手は軽く両側に置かせ、
   心身を平静に保たせ、両足を自然に伸ばした状態で診察うけてもらいます。
A 診者は患者の左側に位置します。
B 診察の手順、
   まず、腹部の望診をします。
   その後、左手の指腹にて極めて軽く静かに切診(触診)します。
   これは、各診所の気の虚実を触察する為です。   
   切診(触診)の順番は大腹、肺、心、脾、小腹、肝、腎の診所です。
C 切診(触診)のポイント:大腹と小腹を比較し、各経絡の配当診所につき虚実を診ます。
   「虚の証」はその診所がやや落ち込んで力なく、艶なく、潤いを失い、
         又は、陥下・冷え・皮膚のざらつき・力なく軟弱・フワフワしている等です。
   「実の証」はやや盛り上って力があり、圧ば跳ね上がるが如くにして痛みを訴えます。
         又は、硬さ・突っ張り感・按じての不快感や痛み・滑りがいい所・等です。


7、正常な腹部について。


腹診を正確に行うためには、正常な腹部についての理解が必要です。
それは、胸部はその肋骨が滑らかな皮膚と筋肉にて緩やかにおおわれ、呼吸と動悸が静かで和緩を帯び、その胸郭は正しく発育して、胸骨剣尖(鳩尾穴)より季肋部に向かって肋骨弓が正しく発育し(ほぼ90度)、大腹、小腹は虚実・寒温に偏らず潤沢です。
また、臍は型整い丸く小さく締まるものを平人無病の腹と言い正常な腹部と判断します。


8、大腹、小腹について。


腹部全体が固く実して、例えるなら、太鼓の皮を押すようなものは実症です。
その極端なものを張満と言い「脾胃の変動」と診ます。
大腹力なく、小腹張り満るものを「上虚下実」と言います。
反対に大腹、張り満ち、小腹力なきは「下虚上実」の腹部と診ます。
大腹、小腹とも陥下し古綿に触れるものは虚腹・軟弱とみて「脾腎の虚」です。
側腹部を押して著しく陥下するのは、「肝気の虚」にして、にわかに中風を起こす場合あり。


9、動悸(拍動)について。

@ 虚里の動について。
左乳下部において診ます。心尖泊動のことです。
これは、有るが如く無きが如く静かに触れるものを 良候とします。
動悸激しく衣服の上よりも見える如きは悪候です。
その部を軽く按じて激しく触れるものは「気虚の候」です。
このような虚里の動、激しきものは心・肺に急激な病を起こす徴候です。

A 腎間の動悸について。
臍下丹田(腎の診所)の部に静かに手を当てその動悸を観察し、
緩やかにして正しく摶動し和緩を帯びるものを良候と診ます。
また、この部の生気の有無、肌肉の弾力を診て総合的に判断します。
古典に曰く「難経八難」には寸口脉平にして腎間の動悸絶するは死。とあります。
これは、慢性病を長期に患っている患者に診られます。

B 陰虚火動の動悸について。
小腹より動悸せわしく、大腹に攻め上がり息づかい荒きものは「陰虚火動」の症状です。
これは、脾・腎の虚にして救い難き悪候です。

C 病邪憎悪の動悸について。
各臓器の診所において、手を跳ね上げる如き動悸を触れるものは病邪憎悪の悪候です。



10、脉証腹証一貫性について。

脉証腹証一貫性のルールは経絡鍼灸の要の一つです。

経絡鍼灸においては、四診で得られた情報を元に診断(証を決定)し治療(鍼灸の施術)をします。

脉証腹証一貫性とは診断と治療が同時に行われるシステムです。

@ 脉証腹証一貫性の意味、その1。「脉診と腹診の同一性」
脉診における診断と腹診における診断とが一致している時は、患者の病気が治りやすい条件になります。それぞれの診断が別になる時は難治性の病気です。

A 脉証腹証一貫性の意味、その2。 「治療後即診断」
経絡鍼灸の施術おいては、例えば、一箇所のツボ(穴)に鍼を施術したならば、その後すぐにその施術の良否を検証判断できます。
その検証の部位が脉診部と腹診の診所(診察場所)です。
正しい良い施術を行えたら、脉が整い、正常な腹部に変化して行きます。

これが、脉証腹証一貫性の意味です。



11、難経 第十六難 より。現代腹診の参考として。

分別
病症
肝病 心病 脾病 肺病 腎病
腹 診

(内証)
臍の左側
肝の診所に
動悸あり
按じて硬く
若しくは痛む
臍の上
心下部
心の診所に
動悸あり
按じて硬く

若しくは痛む
臍の部位に
当たって
動悸あり
按じて硬く
若しくは痛む
臍の右側
肺の診所に
動悸あり
按じて硬く
若しくは痛む
臍下
腎の診所に
動悸あり
按じて硬く
若しくは痛む
脉状 げん みゃく
弦 脉
こう みゃく
洪 脉
かん みゃく
緩 脉
毛 脉 石 脉
顔 面
(外証)
清潔で
顔色が青い
顔が
赤い
顔が
黄ばむ
顔色が
 白く
顔色が
 黒ずむ
五 志 怒る
口乾き
(心熱病)
笑うを好む

おくび噫(ゲップ)
思い悩み
食欲旺盛
くさめ
嚏が出る
悲しみ愁い
こく哭すと欲す
恐れ
あくび
欠伸す
病 状 手足の浮腫
小便不利

小便がたらたら出た
りとまったり・・
腓腹筋痙攣
(こむら返り)
煩心
(胸いきれ)
心下部痛
掌中熱ス
(手の平が熱い)

からえずき
お腹が張って
消化が悪い
身体が重く
だるい。
関節が痛む
臥するを好み
手足が、

挙らない
がいそう
咳嗽し
洒淅として
寒熱す

寒気がし身体が
ゾクゾクして
悪寒と発熱が
かわるがわる来る症状

逆気し
小腹急痛
下痢して
その後
裏急後重
足脛冷え
頭が熱する


注意:
各病を決定する時、脉状と腹診が一致し他の病状も出ている時にのみ、
その「分別病症」と断定できる。 一致しないときは別の病症を考えること。


難経 第十六難 より。

用語の説明。

外証(病が身の外にあり、症が外表「顔面」に表れる。)
内証(病が身の内にあり、症が腹内「腹診」に表れる。)

洒淅(ぞうぞう・しゃあしゃあとして、寒気がするさま)

裏急後重(りきゅうこうじゅう)
(裏急とは「お尻」のことです。後重とは「後ろに重くなる」のことです。
つまり、大便が出そうなのでトイレに入りますが、大便は出ません。
が・・トイレを出ると、また、便意があります。この繰り返しの症状です。)

------------

2011年4月22日 自己診断の書き込み方法について。 

   メモの余白に・・・記入します。

@ 現在の主訴を一つ記入します。

A 副訴を記入します。 幾つ書いてもいいです。

B 腹診図に症状を書き込んでください。
  ( 例: 冷え ・ 肌のザラツキ・ 肌の湿り感 )など。

C 臍(ヘそ)型を書き込んで、径・長さをミリ単位で記入の事。
  ( 例: 丸型・ 横型 ・立型 ) など。





経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ







鍼灸師の山口です。

宮崎の夏はアロハが似合います。
もちろん鍼灸治療中は白衣の鍼灸師です。
ゆっくり堂 鍼灸院・ 鍼灸師:山口一誠


2008年4月8日、ゆっくり堂 鍼灸院を開設しました。

漢方医学には三つの治療方法があります。
ゆっくり堂は、20年の漢方薬の指導に加えて、鍼灸治療の
二つの健康療法でお客様の健康にに奉仕します。

ゆっくり堂 鍼灸院の治療内容は
こちらをクリックしてください。


漢方薬のご相談はこちらから
ゆっくり堂・薬の山口にて承ります。

最近、ブログしています。
ゆっくり堂の健康通心です。

おもしろ健康情報が無料で聞けます。
やまちゃん放送局

* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠

やまちゃんのプロフィール

1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂 薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中

 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26
営業日

営業時間
土曜日、日曜日も
営業します。
午前9時〜午後7時
定休日 火曜日です。
あなたの都合の良い日時をお電話ください。0985-50-5174
yukkurido@ybb.ne.jpまでメールください
ゆっくり堂鍼灸院までの案内図
since 2002.12.25 last update 2008.9.29
1