home
経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ


c103 陰陽虚実


陰陽虚実 は東洋医学における最も基本的な病証の見方です。

@ 陰陽について。

「陰」とは、
病位においては臓であり、陰経であり、内であり、血です。
病にあっては、冷えて静かに、消極的で、慢性の病状です。
脉は沈んで力なく遅い脉状です。
一般的に温かいものを好みます。

「陽」とは、
病位においては腑であり、陽経であり、外であり、気です。
病にあっては、熱して動き、積極的で、急性の病状です。
脉は浮にして速い脉状です。
一般的に冷たいものを好みます。


A 虚実について。

虚実は陰陽と共に、経絡鍼灸における病症観察の最も基本的な事項です。
そして、経絡鍼灸の治療において「虚実をわきま弁えて補瀉する」治療法(証決定)を
決めるための基本原則になります。

虚実は身体における邪気と正気(生気・精気)との相対的関係から考察できます。

「邪気が盛んになれば実し、精気が奪われれば虚す」関係になっています。

虚実はこれらの邪気と正気の「気」を主体として考察される概念です。

「生気」とは全身各部をくまなく循り、生成可育、疲労回復、病邪の除去等、
    全て生体機能を主るものです。
「邪気」とは風・暑・飲食労倦・湿の五邪が「生気」の働きを妨害するものを言います。


虚実の病態について。

「虚」病態は、生気が不足して力なく、力のない脉状を現し、身体冷え、呼吸浅く、
      声小さく、大小便頻数にして飲食入らず、皮膚枯れて乾燥し、身体痩せる等、
      生体機能の減弱と物質不足の消極的な病態を言います。

「実」とは、邪気盛んにして、力のある脉状を現し、身体熱し、腹が張ってもだえ苦しみ、
      大小便が通じず、痛み激しく、大声でわめく等、生体機能の亢進であり、
      物質過剰の積極的な病態を言います。


陰陽虚実による病証観察には次の法則を考慮します。

陽、実すれば外熱し、
陽、虚すれば外寒す。
陰、実すれば内寒し、
陰、虚すれば内熱す。

陽は独立し得ず、陰を得てなる。
陰を主とし、陽はこれを随う。

などとあります。



gc51 陰虚内熱・陽実外熱 表


gc52 陰実内寒・陽虚外寒 表



浮沈脉・陰陽脉・内外・寒熱 身体比較の図  gc54




陰陽が共に虚実するときの身体比較図 gc55


経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ







鍼灸師の山口です。

宮崎の夏はアロハが似合います。
もちろん鍼灸治療中は白衣の鍼灸師です。
ゆっくり堂 鍼灸院・ 鍼灸師:山口一誠


2008年4月8日、ゆっくり堂 鍼灸院を開設しました。

漢方医学には三つの治療方法があります。
ゆっくり堂は、20年の漢方薬の指導に加えて、鍼灸治療の
二つの健康療法でお客様の健康にに奉仕します。

ゆっくり堂 鍼灸院の治療内容は
こちらをクリックしてください。


漢方薬のご相談はこちらから
ゆっくり堂・薬の山口にて承ります。

最近、ブログしています。
ゆっくり堂の健康通心です。

おもしろ健康情報が無料で聞けます。
やまちゃん放送局

* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠

やまちゃんのプロフィール

1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂 薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中

 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26
営業日

営業時間
土曜日、日曜日も
営業します。
午前9時〜午後7時
定休日 火曜日です。
あなたの都合の良い日時をお電話ください。0985-50-5174
yukkurido@ybb.ne.jpまでメールください
ゆっくり堂鍼灸院までの案内図
since 2002.12.25 last update 2008.9.29
1