ゆっくり堂のホームページをリニューアル中です。

こちらをご覧ください。

リンク先

経絡変動のまとめ五大病症
http://yukkurido.jp/keiro/bkb/c102/c209/#

home
経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ

c209 変動のまとめ五大病症


病症の経絡弁別においては、四診からえられた情報を整理する作業になります。

それは、十二経絡の変動が五つの経絡変動(肝心脾肺腎)の変動に集約されます。

そして、
このコーナーではよりシンプルに、病症をまとめ、
実際の経絡鍼灸の診断を決定する「証決定」の手引きになります。





五大病症をもう少し具体的に述べます。

十二経の病症・本間祥白編 鍼灸経絡観察図&東洋はり医学会実践検証より。






肝木の変動


K 足の厥陰 肝 経 :  胆を絡い、肝を主る。

流注: 
足、第一指外側 太敦穴、膝、大腿の内側、陰部、胃、肝、胆、眼、唇、百会穴、肺、中焦。

実すれば、
眩暈、眼病、生殖器病、胸下堅く、寒熱往来、腹満、気分不快、怒る、月経不順・痛み、
腰痛、腹痛。

虚すれば、
心下堅く満ち、立ちくらみ、手足に力なく、気力減ず、脱腸、性欲減退、 失禁、視力減退。


J 足の少陽 胆 経

流注:
鋭眥(まなじり)、内眥、側頭、耳の中、欠盆、胸中、肝、胆、脇の下、李脇、股関節、
足の外側、足臨泣穴。

実すれば、
頭重痛、悪寒し発熱汗出ズ、口苦く腹が満つ、るいれき、怒る、外側痛、飲食下らず。

虚すれば、
眩暈、眼黄ばむ、ため息、手足の筋が緩んで力がない、面垢づき光沢なく、
クヨクヨしてよろめく。



心火の変動


D 手の少陰 心 経 ・・ 

流注:
心、小腸、肺、咽、目、腋下、手の内側、掌、小指内端少衝穴に至る。

実すれば、身熱し、胃張る、四肢重し、大便不利、咽乾く。

虚すれば、心下痛、不安、言難く、意識朦朧。


E 手の太陽 小腸 経 

流注:
小指外端の少沢穴、背面、肘、肩甲、缺盆、鋭眥(めじり)、耳の中、鼻、内眥、心、胃、小腸。

実すれば、
身熱し、自汗、下腹痛、胸苦しい、口中瘡を生ず、咽痛み、
頸(くび)腫れ、回顧すべからず。

虚すれば、編頭痛、耳後ろ痛む、耳聾(じろう:つんぼ)、目黄ばむ。


H 手の厥陰 心包 経 

流注:胸中、心包、三焦、腋下、手掌、中指の先端の母指側の中衝。 

実すれば、
心痛、顔黄色ばみ、充血、臂肘引きつる、腋下腫れ又は痛む、胸脇張りお苦しい。

虚すれば、 胸苦しい、手掌熱し、動悸甚だしい。
  
I 手の少陽 三焦 経

流注: 
手の四指端関衝穴、背面の中央、欠盆、ダン中穴(督脈経)、心包、三焦、項(うなじ)、あぎと、
耳後、耳の中。

実すれば、腹の気満ち、小腹堅く、小便不能、頭・ 顔赤く熱し、自汗、耳鳴り甚だしく聞 えぬ、
咽喉腫れ、喉しびれ、耳後腫れ痛む、 鋭眥(めじり)、痛む。

虚すれば、腹冷え、呼吸苦しく、或いは呼吸微弱。   
        


脾土の変動

 C 足の太陰 脾 経 

流注:隠白穴、足の内側、脾、胃、舌本、心。

実すれば、胸苦しく臥すること得ず、食中り、下痢、嘔吐、足冷え、脛(すね)熱す。

虚すれば、泄注し、腹満ち、嘔吐、黄疸、放屁、身だるい、疲れやすい、臥するを好む、
噫(あくび)、不眠、食不味。

 B 足の陽明 胃 経 

流注は
鼻柱、上歯、唇口、耳前、こめかみ、額、頸、欠盆、乳、胃、脾、下腿の前外側、
第二指の外端児[穴。

実すれば、腹中堅く痛み熱して自汗、唇口乾く、臆する、乳癌、狂う、関節腫れ痛む。

虚すれば、脛寒がる、悪寒、腹中痛んで虚鳴、唇口乾き、顔が腫れる、食欲減退、
手足が重く疲れやすい、 欠食・多食してやせる、気鬱症。



経金の変動


@ 手の太陰 肺 経

流注: 中焦、胃、口、肺、脇下、上腕、前腕、手の母指橈側爪根部、少商穴。

実すれば、
悲しみ愁い、肩こり、欠盆の中痛む、痔が出る、実熱、上気、喘咳、喉の腫れ物、肺張って自汗。

虚すれば、
呼吸困難あるいは微弱、咳嗽、咽乾き、手足冷え、痺れ、皮膚痛、皮膚感覚麻痺。

A 手の陽明 大腸 経

流注: 示指端の商陽穴、背面橈骨側、肩、欠盆、肺、大腸、頸、頬、下歯齦、鼻、口。

実すれば、
痔、悪寒、戦慄、身熱し、喉痺れ、歯痛、鼻血出る、咽乾き、喘咳、頸頬腫れる、腹満。

虚すれば、腸鳴り白き大便を泄す。咽渇き、唇が乾く。




腎水の変動


G 足の少陰 腎 経

流注: 足小指の下、足の心、足の内側、腎、膀胱、肺、舌本、心。

実すれば、
喀血、吐血、下血、生殖器病、小腹張満、咽舌乾き、胸騒ぎ、喘咳、足下熱して、恐れる。

虚すれば、
身体が重く冷えて足腰寒く、小便赤黄色、消耗熱、物忘れ、精液不足、性欲減退、耳鳴り、
眩暈(ぐるぐる回る)、 耳聾(じろう)、手足のしびれ、食欲あっても食べれない、下痢、便秘。

F 足の太陽 膀胱 経 

流注: 
目の内眥、百会、脳、耳の上角、項背、背中、膀胱、 膕(ひかがみ:膝の後ろのくぼみ)、足の後ろ、足小指外端の至陰(しいん)穴

実すれば、
頭痛、後頭痛、涙が出る、目が痛い、鼻血が出る、癲癇、 脳の病気。

虚すれば、後頭痛、腰痛、痔、足が痛む、肩こり、脚気。



経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ

 






鍼灸師の山口です。

宮崎の夏はアロハが似合います。
もちろん鍼灸治療中は白衣の鍼灸師です。
ゆっくり堂 鍼灸院・ 鍼灸師:山口一誠


2008年4月8日、ゆっくり堂 鍼灸院を開設しました。

漢方医学には三つの治療方法があります。
ゆっくり堂は、20年の漢方薬の指導に加えて、鍼灸治療の
二つの健康療法でお客様の健康にに奉仕します。

ゆっくり堂 鍼灸院の治療内容は
こちらをクリックしてください。


漢方薬のご相談はこちらから
ゆっくり堂・薬の山口にて承ります。

最近、ブログしています。
ゆっくり堂の健康通心です。

おもしろ健康情報が無料で聞けます。
やまちゃん放送局

* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠

やまちゃんのプロフィール

1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂 薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中

 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26
営業日

営業時間
土曜日、日曜日も
営業します。
午前9時〜午後7時
定休日 火曜日です。
あなたの都合の良い日時をお電話ください。0985-50-5174
yukkurido@ybb.ne.jpまでメールください
ゆっくり堂鍼灸院までの案内図
since 2002.12.25 last update 2008.9.29
1