home

鍼灸院治療内容

鍼灸院脈の見方

鍼灸院経絡治療とは

鍼灸院お勧めすぐ効くツボ

子宝相談

ゆっくり堂鍼灸院お勧め気血水ダイエット

宝鍼箱

鍼灸教科書


ゆっくり堂鍼灸院はこんなお店です

↓姉妹サイト↓
健康BOX
やまちゃん通信
やまちゃん放送局


経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ

五、
傷 寒 c315 

南北経驗醫方大成 による 病証論 井上恵理 先生 講義録 の文献を、
わかりやすく、まとめて、みたいと思います。

五、傷寒   P60上段 〜 P69より。

 はじめに、
経絡治療家の初級者として、ここは読んで欲しい所です。

 五、
傷寒 10個のチェック箇所。

〈傷寒の説明〉 P60下段。井上恵理先生の解説より。

@ 傷寒の証は天疫流行、風邪、暑さ、
   その他の外邪にあてられ発病した流行性の病気の事。
 
A 傷寒の言葉は黄帝内経の時代からあるが、
   現代の「傷寒論」と「傷寒」とは別に考えた方がよい。
  古典の中で病気の起こる原因としては、熱、痰、脾胃、
  そして張仲景は傷寒と、解いています。

B 寒、中寒、傷寒を図解します。(図:nb5.)



  中寒とは臓腑に「寒」が中(あた)る病と考えます。。
  傷寒とは経絡が「寒」に傷(やぶ)られて熱病になると考えます。
    【風邪の病証名と病の深さを表す言葉による分類 】
    「感冒」「傷風」「中風」参照されたし。
     http://you-sinkyu.ddo.jp/c311.html

C 鍼灸と漢方薬が、東洋医学として大成される時、一つにまとまる時代が来なければならない。
  との井上恵理先生の見解に大賛成しつつ、山口一誠の私見を述べます。
東洋医学として「鍼灸と漢方薬」の統一した理論が完成するのには、
まだ先の時代に成ると思 います。
しかし、その現実的運用は、今、現在でも可能です。

D〈温病(うんびょう)〉P62とP65。〈逆治療と病証2〉解説より。
  冬に寒に感じ、春に起こられるのを温病〔ウンビョウ〕といい、
  冬、寒に感じ、春を過ぎ夏に発熱が起こるのを傷寒と言っている。

E 漢方家の中には、現代医学的に傷寒は熱病であり腸チフスみたいなものと言うが、
私〔井上恵理〕は違うと思う。
と言うのは現代医学の病名と、漢方医学を同じ様に考えると便利さの 上に本質を見失う事がある。
むしろ腸チフスは傷寒の一種で、傷寒は腸チフスではない。

F 傷寒論は傷寒だけを言っているのではなく、傷寒を中心とした病気の変化を説いている。

G 経絡鍼灸家のいう外傷は、寒だけでなく、風、暑、湿、等もある。

H 経絡鍼灸家の学習方法と手技の上達方法の考え方が述べられています。

I P68した段 解説より。  ● 補法と瀉法。
補法と瀉法の事ですが、脉が浮数で熱の時は、瀉法が常識だが、虚証の人の時は、脉が浮数で
あっても、力が無いので補方の方が無難なのです。
瀉法する時も、必ず体を補して、瀉法するのが原則です。
瀉法を先にやるのは、余程の実証の時です。現在は虚証の人が多い。
病気は我々の体は、実証になろうとするが不養生で、実証になれない。
長引くのは虚証だからです。

【経絡鍼灸の原則:瀉法する時も必ず体を補して瀉法するのが原則です。】

 ※ 詳しくは本文:
  「南北経驗醫方大成による病証論 井上恵理 先生 講義録」
   発行:東洋はり医学会、をお読みください。

 又、以下の文章は、

五、傷寒の山口一誠的分類です。読者の皆様の参考になれば幸いです。

-------------

「南北経驗醫方大成 二、寒論 」の原文 

〈傷寒の説明〉〈熱の発生〉〈外邪を受ける者〉〈温病(うんびょう)〉 
傷寒之證、固有天疫流行、一時所感病、無老少、卒相似者。
然多是、體虚労役之人、冬月、衝斥道途不謹調護、以至爲風寒所傷。
其毒臓伏於内、不即發見。或爲熱所撃摶、然後發而爲。
病故經云。冬感寒春發温者、是也。

〈病位の症状〉
其爲證、有陽、有陰、有表、有裏、又当當知、受病不同、
傳變不一、其發也、未有不自頭疼、發熱、自汗、悪寒而始者。
若發於太陽即熱而悪寒。發於太陰、止悪寒而不發熱也、傳陽則、潮熱、
狂言如有所見、其脉多長浮。變陰則、舌強不語。
手足厥冷多有自利、其脉多沈細

〈病位と治療〉
傷寒爲治雖曰有法、又須問證以察於、脉切以審於内。
故在表宜汗之、在上宜吐之、在裏宜下之、在半表半裏者和解之、此固一定之法。

〈伝変の期と治療〉
然又、須考得病之日、傳變之期、方可施治。一日至三日、
病在皮膚者、爲表宜麻黄桂枝之類、寒邪駆散。得汗之後、
脉静爲癒、有汗不得服麻黄、無汗不得服桂枝、仲景至切之論。
不可不謹、四日五日之間、病在胸郭、痰気緊満於上、
當以爪帯豆?之類、吐之而癒。
六日七日 之間、其病入腹、傳胃臓腑結燥、
狂言潮熱須大黄芒硝之類、下之而癒、古今治法。

〈陰厥と熱厥1〉
總曰如此、却又得病之日、便四肢厥冷、名爲陰厥。
絶者丹田氣海穴灸之。又有經日微厥而後、發熱者爲熱厥。
熱甚舌黒鼻煤者、今人多水潰布帛、重疊○之於胸頻頻更換、
以抜去熱氣亦、良療法也。

〈陰厥と熱厥2〉
又有之厥而、即變陽證、或胸腹悶、牽引疼痛、○座臥不安、
胃気喘息則、又不可拘以日数、即宜下之。

〈陰厥と熱厥3〉
又有六-七日大府結燥上不能食、其脉細緊。
皆曰當下、却有頭痛悪寒頂上有汗。 
或小便清利、乃表証未除仍宜汗之。

〈逆治療と病証1〉
「或裏寒表熱、或裏熱表寒、皆當先救其裏、後治其表。
應汗而反下之則、熱蓄於裏、或爲?血
、發而爲狂證者有之。結而爲痞爲結胸者有之。
結胸者、心下緊満○而痛。按之如石手不可近。
痞者但緊満而不痛。證雖相類用藥却有不同。
若應下而反汗之、則津液枯渇。
又亡陽譫語者、譫 語爲實鄭聲為虚。
若應吐而反温之、則毒氣欝結、於胃發而爲、斑其色如錦紋者生。黒者即死。
臨証用藥。若不辧其陰陽、観其傳變、審而行之則、必致錯乱恠證百出
、流而爲壊證傷寒、甚至 不救。以此傷寒一證、不可不謹。

〈逆治療と病証2〉
病癒之後、切不可輕用補藥。尤忌房室労傷飲食過度、?困之再作、
未易治也。致有脚気、痰飲 、食積、虚煩、四證。
與傷寒相類。更宜審之。但脚気則、脚膝軟痛、卒起即倒。
痰飲則頭不痛 、項不強。食積則身不痛、左手脉平和。
虚煩則不悪寒、身不痛爲異。決不可有誤作、傷寒治之。
其中變易、非止一端。茲略擧其説、以備倉卒、其詳又當於張仲景論中、
千金百問内、求之旦感 冒、本與傷寒、治証同一。
但有輕軽重之分耳。故重者爲傷、輕者爲感。
感冒之中、風有寒、又須詳 別。夫感寒則必悪寒、面色黯惨、
項背拘急、亦或頭痛發熱、其脉沈遅。當以五積散、?香正気散、
養胃湯表散之。感風則必悪風。面色光浮、身體發熱如如瘧、鼻塞聲重、時引清涕、
或咳唾稠粘、其脉多浮数、當以十神湯、敗毒散治之。或風寒兼之、又當用和解之藥、體虚之人、不可過於發散。恐致他疾。并述干後審之、審之。


----------------------

井上恵理 先生の訳:

 
ーーーーーーーーーーーー
〈傷寒の説明〉〈熱の発生〉〈外邪を受ける者〉〈温病(うんびょう)〉 

「傷寒の証、固(まこと)に天疫流行して一時に感じる所の病、老少と無く、卒(おお)むね相似る者あり。然れども多くは、是れ体虚、労役の人、冬月、道途に衝斥(しょうせき)して 調護を謹まずして、以て寒風の為に傷(やぶ)らるるに至る。其の毒、内に臓伏して即ち発見 せざる。或いは熱の為に撃摶せられて然(しか)して後に発して病を為す。故に経に云う。冬、寒に感じて、春、温(うん)を発すという者、是な也。」

ーーーーーーーーー
P62下段より。〈 病位の症状 〉訳
「其の証たる事、陽あり、陰あり、表あり、裏あり、また当たるに知るべし、病を受くる事同じからず、伝変一ならざるや、その発する所、今だ頭痛、発熱、自汗、悪寒して始めるという 者あらず。若し太陽に発すれば即ち熱して悪寒す。太陰に発すれば、ただ悪寒して熱を発せざるなり、陽に伝わる時は、潮熱、狂言して所見あるが如く、其の脉、多くは長、浮なり。陰に変ずる時は、舌強張って語らず。手足厥冷し多くは自利する事あり。其の脉、多くは沈、細なり。」
ーーーーーーーーー
P63上段より。〈 病位と治療 〉訳
「傷寒の治を為す事、法有りと雖(いえど)も、又須(すべから)く証を問うて以て外を察し、脉を切し内を審(つまび)らかにすべし。故に表に在らば之を汗すべし、上に在らば之を吐すべし、裏に在らば宜しく下すべし、半表半裏に在らば多く和解せよ、此れ固に一定の法なり。」
ーーーーーーーー
P63下段より。〈 伝変の期と治療 〉訳
「然れども、又、須らく病を得る、これに伝変の期を考えて、まさに治すべし」
ここから傷寒論的考え方です。
「一日より三日に至って病、皮膚に在る。麻黄(まおう)、桂枝(ケイシ)の類にて寒邪を駆散すべし。汗を得て後に脉、静かなるは癒(いえ)るとなす。汗あらば麻黄を服することを得ず、汗なくば桂枝を服することを得ず。張仲景が至切の論なり。」
「謹まずべからず、四日〜五日の間は、病は胸郭にあり痰気、上に緊満せば当に爪帯豆?(か
ていずし)の類を以て、これを吐して癒(いやす)べし」
「六日、七日の間、其の病、腹に入り、胃に伝え臓腑結燥し狂言潮熱すれば大黄、芒硝の類に
て、これを下し癒べし、古今の方なり。」

P64上段より。〈 陰厥と熱厥 1〉訳
「總(すべ)て曰く、この如く却(さつ)て又、病を得るの日、便(すなわ)ち四肢厥冷する事あり、名ずけて陰厥と為す。絶せんと欲するものは丹田(気海)穴に、灸すべし。又日を経て微厥して後に発熱するもの在り熱厥と為す。熱、甚(はなはだ)しくて舌黒く鼻、煤けたる ものは、今の人、多くは水を以て布帛(ふき)を潰(つぶ)し重ね畳(たた)んで、これを胸に掛け頻頻(びんびん)に更換して、以て熱気を抜去するも、又療法なり。」

--------------

P64下段より。〈 陰厥と熱厥 2〉訳
「又厥せずして、即ち陽証に変ずる事あり、或いは胸腹、心悶し牽引疼痛、座臥安からず、胃気、喘息する時は、即ち拘(かか)わる日数を以ってすべからず、即ち宜しく、これを下すべ し。」

P64下段より。〈 陰厥と熱厥 3〉訳
「又、6,7日大府結燥して上に食する事能(あた)はず。其の脉、細緊なる。皆いわく下すべし。却(かえ)って頭痛、悪寒し頂上に汗在り。或いは小便清利〔希薄な〕(小便が出すぎる)する事あり、即ち表証いまだ除かず、即ちこれ宜しく汗すべし。」

P64下段より。〈 逆治療と病証 1〉訳
「或いは裏冷えて表熱し、或いは裏熱し表冷えば皆当に先んず其の裏を救って、後に其の表を治すべし。まさに汗すべきを反(かえ)って、これを下す則は、熱、裏に蓄えて或いは?血と為り発して狂証と為る者、これ有り。結して痞(つかえ)と為り結胸と為る者これ有り。結胸は心下、緊満して痛む。これを按ぜば石の如くにして近づくべからず。痞えはただ緊満して痛まず。証、相類(そうるい)すと雖(いえど)も薬を用いるに却(かえ)って同じからざる事あり。若し当に下すべきを反ってこれを汗する則は津液(しんえき)、枯渇(こかつ)す。又亡陽、譫語(せんご)するもの有り譫語を実と為し、鄭聲(ていせい)を虚と為す。
若し当に吐すべきを反ってこれを温むる則、毒氣、胃に欝結(うつけつ)して、発して斑を為す。
其の色、錦紋の如くなる者は生く、黒き者は即ち死す。証に望んで薬を用いよ。若し其の陰陽を弁じ、其の伝変を観、審らかにしてこれを行なわざる則は、必ず錯乱を致して恠(かい)証百(もも)に出(い)で、流して壊証(えしょう)の傷寒と為り、甚(はなはだ)しうして救わざるに至る。これを以て傷寒の一証、謹(つつし)まざるべからず。」

P65下段より。〈 逆治療と病証 2〉訳
「病、癒えての後、切に軽々しく補薬を用ゆべからず。尤(もっと)も、房室、労傷、飲食過度を忌(いま)しめて、?(も)し之に困って再作すれば、今だ治しからず也。脚気、痰飲、食積、虚煩の四証あり、傷寒と相類する也。更に之を審らかにすべし。但し脚気は即ち脚、膝 軟痛し、卒(にわ)かに起きてば即ち倒れる。痰飲は則ち頭痛まず、項(うなじ)強張らず 食積は則ち身痛まず、左手の脉、平和也。虚煩は即ち寒さ悪(にく)まず、身痛まざるを異 りと為す。決して誤って、傷寒と作(なし)て之を治すること有る可からず。その中(あた)ること変容すること、止(ただ)一端に非ず。茲(ここ)は、略(ほぼ)その説を挙げて以 倉卒に備うるのみ、其の詳らかなること當に張仲景が論の中、千金、百問の内に於いて之を求むべし。また感冒、本(もと)傷寒と治証同一也。但し軽重の分ある耳(のみ)。故に重きものを傷と為し、輕き者を感と為す。感冒の中に、風(ふう)あり、寒(かん)あり。又須( べか)らく詳(つまび)らかに別つべし。夫(これ)寒に感ずる即は必ず寒を悪(にく)み、面色暗惨し、項背拘急(こうはいこうきゅう)し、亦(また)或いは頭痛、発熱す、其の脉、沈遅也。當に五積散、?香正気散(かつこうしょうきさん)養胃湯(よういとう)を以てこ
れを表散すべし。風に感ずる即は、必ず風を悪む。面色光浮し身體発熱して瘧(ぎゃく)の如く、鼻塞がり声重く、時に清涕(せいてい)を引き、或いは咳唾、稠粘(ちょうねん)す、其の脉、多くは浮数なり、當に十神湯、敗毒散を以て、之を治すべし。或いは風寒、之を兼ねれば、又當に和解(わげ)の薬を用ゆべし、體虚の人、発散すべからず。恐らくは他の疾を倒さん。并びに後に述べる之を審らかに、之を審らかにせよ。」

-------------------

〈 傷寒の説明 〉 P60下段より。解説

傷寒の証というのは天疫流行、即ち我々が風邪、暑さその他の外邪にあてられ流行してこの病を為す。 
傷寒の言葉は〔黄帝内経・〕素問時代からあるが、現代の「傷寒論」と傷寒とは別に考えた方がよい。

古典の中で病の起こる原因として、

劉河間(りゅうかかん)は熱、

朱丹溪(しゅたんけい)は痰、

李東垣(りとうえん)は脾胃、

張仲景(ちょうちゅうけい )は傷寒と、〔解いています。〕

住んでいた時代と風土により病因を一つに考えているのです。
ところが傷寒論が古方派として日本だけでなく中国でも流行したため後世派の人も無視出来な
くなり、無理に傷寒論と傷寒を一緒にしたのです。

本当は寒の中で中寒、傷寒として解くのが正しいのです。

今は病理観念が鍼灸と湯液(とうえき)では違っているが、
東洋医学として大成される時、一 にまとまる時代が来なければならないのです。

ここでは傷寒は寒に傷(やぶ)られ、中寒は寒に中(あて)られると考えているが、
これを〔黄帝〕内経でいえば、
傷寒は寒が経絡にあたり、
中寒は臓腑に中(あた)ると考えているのです。

傷寒とは〔黄帝内経・〕素問では熱の出る病気をいい、
「〔黄帝内経霊枢〕註証発微(ちゅうしょうはつび)」では、寒に傷られて熱病になったと考
えます。

【東洋医学として大成される時、鍼灸と〔漢方薬〕湯液(とうえき)は、一つにまとまる時代
が来なければならないのです。】
との井上恵理先生の見解に大賛成しつつ、
山口一誠の私見を述べます。
「東洋医学として「鍼灸と漢方薬」の統一した理論が完成するのには、
まだ先の時代に成ると 思います。
しかし、その現実的運用は、今、現在でも可能です。」

---------------------
〔 参考:古典 著者 こーなー 〕
---------------------
「張仲景」(ちょうちゅうけい )名は張?(ちょうき)とも。(150年〜219年)
著書:『傷寒雑病論』(「傷寒論」と「金匱要略方論」)
---------------------
劉河間(りゅうかかん)別名;劉完素(りゅうかんそ)(1120年〜1226年)
金元四大家(きんげんよんだいか)金元時代の漢方医。日本の後世派に大きな影響を与えた。
金元四大家と言われる漢方医は劉完素、張従正、李杲、朱震亨。
---------------------
朱丹渓(しゅたんけい)(1281〜1358)金元医学の集大成者
----------------------
李東垣(りとうえん)李杲(りこう)(1180年〜1251年)により『脾胃論』に記された処方
「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」を考えた。金元四大家の一人。
---------------------

〈 熱の発生 〉 P61上段 〜 P62より。解説

 寒が外から来ると陽気(体温)が外に出れなく内に鬱し、これが伝わり熱になる。
寒、少なければ熱、中和するが寒盛んになるほど熱生じる。我々の体には適当な熱がある。
36度の人は36度、37度の人は37度、それが健康です。
それから上下する事、虚実という物です。
陰陽寒熱のバランスは、どれだけが良いのではなく平行すれば良いのです。
熱が寒に傷られても陽気が鬱しなければ良く、また外から寒邪が来ると内から押しのけようと
する。これが熱だとも言える。
熱が出るのが良い場合と悪い場合とがあるのです。
ここで云う寒散ずれば陽気もれ熱、自ら出ていく。
散ずるは瀉す事で、熱を瀉すのではなく寒を瀉すから熱が出て行くのです。
熱は体のエネルギー源です。 熱がなくなると人間は死ぬのです。
我々は熱を診て外邪を認めているのです。
だから瀉法に気をつけるのは外邪を取る為、熱まで取ったら駄目なのです。手法は瀉法は易(
やさ)しいが、結果として難しいのはこの為です。
補法は手法は難しいが、いくらやっても害にならないが、補法をやっているのに瀉法になって
間違ってくるのです。

〈 外邪を受ける者 〉 P62より。解説
いわゆる天疫流行して一時に感じる所の病は、老いも少き〔若者〕も無く、概ね似て来るものです。冬月(冬)に、道途(道を歩いていて)衝斥(寒さに中〔あた〕って)外邪はいつも〔存在しており〕寒さを〔感じるのは〕みな同じだが病気になるのは、体虚(体が虚している人)、労役の(疲れている人)が罹(かか)る。調護謹まず(体の護りを知らない人)がと二重に言っているのです。体虚、労役の人とは、自分で解れば疲れない方法を取るが、本当に虚してくると病気をしているのがわからず体の護(まも)りをしない。俺は大丈夫というのが危ない。働けば疲れるのが本当です。それが解らず風寒に傷(やぶ)られる。

〈 温病(うんびょう) 〉P62より。解説

〔風寒の邪に〕傷られた事が体内に隠れて外に現れず解らない。又、熱は我々の体を護り調和するエネルギー源ですが、あまり多く出ると〔人体〕の機能が消耗される。
冬に罹り解らないでいるか、熱の為に解らなくなり春に出てくる。
これを温病(ブラブラ病)といい、体が怠い、熱っぽい、眠れない、食べられない等、決められた病名ではなく症状的なものです。

P62下段より。〈 病位の症状 〉解説
傷寒がおこると証はどこに現れるか。陰陽表裏にある。病を受ける事、伝変することも色々あり一つではない。
その発するや、未だ頭痛、発熱、自汗、悪寒してそれより始める事はない。
太陽に発する時は、熱があって悪寒(さむけ)がする。
太陰に発する時は、悪寒だけで熱はない。
陽に発する時は、潮熱(潮(うしお)の様に時をして熱が上下する)、狂言(うわ言)の症が現れ、脉は、浮いて長い。
陰に伝わる時は、舌強張って語らず(喋れない)。手足厥冷(冷えて)、多くは自利(小便が 出すぎる)、その脉、沈で細。

-------------

P63上段より。〈 病位と治療 〉解説
傷寒を治療する方法は色々あるが、須(すべから)く証を聞いて〔問診〕外を察し〔望診〕、
脉を切し(脉診)以て内を審(つまび)らかにすべし。

〔傷寒の邪が〕
表に在る時は汗を出させる。
上に在る時は吐かせる。上の意味は上(胸)中(腹)下(下腹)と考えればよい。
裏に在る時は下す。
半表半裏に在る時はに和解せよ。 此れ固に一定の法なりと。
ここで表とか裏とか半表半裏ですが、内外表裏の病位の考え方で―内(臍の下)外(胸郭)表
(皮膚)裏(上腹)の分け方です。

P63下段より。〈 伝変の期と治療 〉解説
 これは傷寒論の少陽病と太陽病を一つにまとめ、傷寒論独特の治療の考え方です。
傷寒〔の邪〕を受け一日〜三日の間は、病は皮膚に在るので麻黄、桂枝を使い、汗が出て脉、静かに成れば必ず治る。汗があったら桂枝を使い、麻がない時は麻黄を使う。
〔汗が出ている時は麻黄は禁忌です。〕

この方法は張仲景の論である。

病が起こり四日〜五日の間は、病は胸郭(外)にある、胸郭に痰気が積もっているから胸苦しいので、爪帯豆?(かていずし)で吐して癒る事ができる。
六日〜七日の間は、病、腹(裏)に入り、胃に伝え臓腑が結燥(乾き)狂言(うわ言)潮熱( が出たり下がったり)〔する〕時は大黄、芒硝を使い下し治す、古今の方なり。」

P64上段より。〈 陰厥と熱厥 1〉解説
「総(すべ)て、この如く却って、病を得るの日(起こった日に)たちまち四肢厥冷(手足冷たく成る)これを、名ずけて陰厥〔いんけつ〕いう。
絶せんと欲する者は(意識不明で死にそうな時に)丹田(気海)穴に、灸すえればいよい。
又 を経だてて(暫くして)微厥して逆上(のぼ)せ発熱する者がある。これは熱厥といい、熱 甚(はなはだ)しく、舌黒く、鼻煤けた者は、胸を冷やすのが良い方法です。

P64下段より。〈 陰厥と熱厥 2〉解説
〔厥〔けつ〕とは、頭、顔、上部が逆上せ、手足が冷たく成る症状・・〕
―〔この厥〕の様にならないで、陽証に変ずる事あり、或いは胸や腹が非常に悶〔もだえ〕苦 む。牽引疼痛(引きつる様な痛み)、座臥安からず(座っても寝てもそうなる)、胃気、喘 する物は(腹の中でゼーゼーいう)即ち日数に拘(かか)わらず出来ない時は下すのがよい。

P64下段より。〈 陰厥と熱厥 3〉解説
病になり6〜7日経ってくると大府結燥する(大便が停滞する)上に食する事能ず(食事が出来ない)。其の脉、細緊なる物は皆いわく下すべし。却(かえ)って頭痛、悪寒し頂上に汗在り(首から上に汗が有る)。或いは小便清利〔希薄な〕(小便が出すぎる)する事あり、即ち表証いまだ除かず(〔この時は病状がまだ〕抜けていない)、この時は発汗剤をやる。

-----------------

P65上段より。〈 逆治療と病証 1〉解説

 裏冷え、表熱し、裏を救って後、表を治すべし。
これは薬でも鍼でも同じですが、
体の方を整えてから、外の証を取れという事です。陰を治療して陽を治療する。
汗するに下すとどうなるか。熱を裏に蓄えて?血と為り、キチガイの基になる。
結して痞(つかえ)となる。結胸となる(心下、緊満し痛む、胸が固くなり押すと痛み)石の如く手を近づける事が出来ない(押すと痛いので触れられない程度、痛い事)痞(つかえ)と いうのは固いが痛くない物。
証が同じ様でも薬は同じではない。
下すのを汗したらどうなるか。津液(しんえき)、枯渇(こかつ)する(体が乾く、又亡陽(腸が無くなる)、譫語(せんご)(声を発して力あり)を実となし、鄭聲(ていせい)(声を発するが力無く低い言葉)を虚となす。何れも言葉にならない、聞いた事に対する返事でなく、その場で必要以外のことを喋る事、鄭聲の方が重い。
若し吐すべきを温めたらどうなるか。毒氣、胃に欝結(うつけつ)し、斑点が出る。
其の色 、錦紋の如く鮮やかなる者は生く、黒き者は死ぬ。
証に望んで薬を用いよ。
若し其の陰陽を弁じ、伝変を観、審らかに行なわないと、こうゆう風な錯乱をおこす。
これを 、壊証(えしょう)傷寒という。
だからこそ証を診て下すべきは下し、汗する時は汗しなくてはいけない。
この様に傷寒といっても軽々しく行なってはいけないのです。

P65舌段より。〈 逆治療と病証 2〉解説 

 ● 説明

 病が治った後に、薬をやりたがるのを忌ましめている。「切に」(かりそめにも)「軽々しく補薬を用ゆべからず」傷寒の病症である、悪寒、発熱、痛みが治っても少し常のようでなく 、微熱、体が怠い、物に怯える、それを傷寒の薬だといって補薬を使うのは良くない。

 ● 傷寒の時代
オウジョウゲンが傷寒は時季の大病(寒に傷(やぶ)られるのは季節と関係がある)冬に寒に
感じ、春に起こられるのを温病〔ウンビョウ〕といい、
冬、寒に感じ、春を過ぎ夏に発熱が起こるのを傷寒と言っている。
現代の漢方家で傷寒論の古方派の人は、現代医学的に傷寒は熱病であり腸チフスみたいなもの
と言うが、私〔井上恵理〕は違うと思う。と言うのは現代医学の病名と、漢方医学を同じ様に考えると便利さの上に本質を見失う事がある。むしろ腸チフスは傷寒の一種で、傷寒は腸チフスではない。

 傷寒論は傷寒だけを言っているのではなく、傷寒を中心とした病気の変化を説いている。

〔 傷寒論〕の中には、いろんな病症が含まれる。また傷寒論では外傷傷寒を言っているが、

〔経絡鍼灸家〕のいう外傷は、寒だけでなく、風、暑、湿、等もあるのです。

〔傷寒論は〕何故、寒を重視しているかと言うと、傷寒論は北京を中心とした北方医学を言い 、寒い所で寒に犯される人が多かったので、どうしても寒が中心になってくる。だから他の地 方に当てはめると無理があり、日本の温暖な所では、そのままでは無理なのです。

これは経絡治療にも言える事で、我々の東洋医学の原典は内経であるが、
内経の病症は、外か ら入る外因が中心で罹る人が多い。

あの時代は○化が無く、家屋も暖房も良くなく自然に生活している為、寒さ、霧、雨に犯され、それによる病気が多く、現代に比べ内因である精神的労傷が少ない、これは私有物が無いからです。文化的に為るのは1200年前後からで、非文化の場合、内因より外因が多いのです。天災の場合は悔しくても相手がいないので、内因が起こらない。

---------------

P67上段より。 解説  ● 古典を現代に活かす。

 所謂、傷寒という病氣に対し昔と今の違いがある。現代の病症と違うものがあるが、理論体系は、あの中に有るのです。傷寒論を読み、良く味わい、感じ、運用して自分の処方を、そこから発見するのが臨床家として大切な事です。

経絡治療を覚える事は、自分の手技、手法を活かす事を考えることで、
一本の道や線を行くのではなく幅があるのです。経絡も同じです。
経絡が線で、経穴が点だと考えるから、いろんな経穴が出来るのです。
その人には一点しかないが、人それぞれの領域が有り、隣接する経絡は重複してるのです。

経絡治療は、一つの方法ではなく、考え方も、手の感覚も、それぞれ違うものが、経絡治療の中で共に進んで行くのです。あまり型を決めると付いて行けなくなるので、自分に応じた方法 を経絡治療の中で見つけていくのです。しかし初めから自分勝手に決めない事、脉診より切診 ばかりやると違った方向に進む。望診、問診に囚われ過ぎると易の様になり、あてても治せな くなるので、最初は、真似(まね)から入って、そこから自分の型を決める。真似だけだと息 づまってしまいます。

P67下段より。 解説  ● 病は拗(こじ)らせない。

「房室、労傷、飲食過度を忌(いま)しめて、?(も)し之に困って再作すれば、今だ治しか らず也。」
病気をした後に、房室(房事)、労傷(疲れ)、飲食の過度を戒める。
これは傷寒だけでなく全てに言える事です。若しこれにより再作(再発)すれば、これは治りにくくなる。 病気は一度起こったら拗らせないで治す事です。 鍼灸家の所に来る患者は医 者が拗らせているので治りづらい。我々の腕が悪いのではないのです。そう思う事です。

P67下段より。 解説  ● 傷寒と似ている四病症

 「脚気、痰飲、食積、虚煩の四證に傷寒と相類する事、有るを致す。」
傷寒の病症のほかに、
@脚気、
A痰飲(水毒、経水の濁り)、
B食積(食物が消化せず胸の消化管に残る)、
C虚煩(疲れ、虚労)、この四症が傷寒と似ているので、之を審らかにすべし

「但し脚気と傷寒の違い、脚、膝が軟痛する」脚(足)、膝、軟痛(緩〔ゆる〕める途と痛い)これは虚痛、上がる時、力が入り膝が痛いのは実痛、下る時、力を緩め痛いのは虚痛、この虚痛が多く治りずらい。実痛は唯鍼を刺しても治るが、虚痛は刺しすぎると治らない。

@なんと無く重怠く軟らかい痛み、卒(にわ)かに立つと倒れる、これが脚気です。
A痰飲というの頭が痛まない、項(後頸部)強張らず(固くならない)。
B食積は体が痛まず、左手の脉(肝腎の脉)、平和である。
C虚煩は寒悪せず(寒気がない)、体の虚証、精神的、肉体的疲れ、体痛まず。

こういう違いがある。決して誤って、傷寒と治す事の無い様に。
「其の中(あた)る事、変容する事、止(ただ)一端に非ず。」
其の中る事(病気の変化した症状一つだけで決めない)、「茲(ここ)は、略(ほぼ)その説 を挙げて以て倉卒に備うるのみ」ここでは一つ挙げて簡単に言っておくが倉卒(慌て物)に備 えるのみだ(一言いっておく)、「其の詳らかなること當に仲景が論の中、千金、百問の内に 於いて之を求むべし。」

仲景論とは傷寒論でなく、「金匱要略」千金は千金方の事、
千金方や金匱要略の中で、百(た くさん)の問いがあるから、
その中から、これをもとめなさい。

--------------------

P68上段より。 解説  ● 傷寒と感冒。

 「また感冒、あり、本(もと)傷寒と治証同一也」
感冒と傷寒は治し方が同じで、いずれも同じ寒邪を受けているが、但し軽重の別がある。重き ものを傷と為し、輕き者を感と為す。 感冒の中に、風(ふう)あり、寒(かん)あり。又詳 (つまび)らかに別つべし。風邪(ふうじゃ)を受けた軽いものを感冒という。これは千金方 では、感冒は皮膚に中る物全てをいう。
これは寒だけでなく風湿暑、全て皮膚に中ったものをいう、傷(しょう)とは経絡に中った物。中(ちゅう)とは臓腑に中(あた)った物で最も重い。

P68した段より。 解説  ● 風感冒と寒感冒。
感冒の中には、寒と風がある。寒に感じる時は、悪寒(暖まっても身震いする)面色暗惨し( 寒々として煤けた様な黒色)、項背拘急(こうはいこうきゅう)し(背中、項、固くつっぱる 、或いは頭痛、発熱、其の脉は、沈遅である。この時、五積散、?香正気散(かつこうしょう きさん)養胃湯(よういとう)を以てこれを表散する。
風に感じる時は、悪風(火の側では寒さ落ち着くが、風が吹くと身震いする)
顔色、光浮(こうふ:腫れた様な光沢あり)、体発熱し瘧(おこり)の如く、
鼻が塞がり、声重く(声が嗄(しゃが)れる)、時に清涕(せいてい:鼻水)、咳唾(咳と唾〔つば〕がでる)、稠粘(ちょうねん:唾が粘っこい)、其の脉、多くは浮数なり、當に十神湯、敗毒散を以て、之を治すべし。
或いは風寒、之を兼ねる時は、當に和解(わげ)の薬を用ゆべし、瀉法でなく補方を用いる。
體虚(体が虚している)の人が、熱があっても発散してはいけない(熱を下げてはいけない)。
瀉法の薬を用いない。瀉法すると別な病気になるが、これは後で述べる。

P68した段より。 解説  ● 補法と瀉法。
補法と瀉法の事ですが、脉が浮数で熱の時は、瀉法が常識だが、虚証の人の時は、脉が浮数で
あっても、力が無いので補方の方が無難なのです。
瀉法する時も、必ず体を補して、瀉法するのが原則です。
瀉法を先にやるのは、余程の実証の時です。
現在は虚証の人が多い。
病気は我々の体は、実証になろうとするが不養生で、実証になれない。
長引くのは虚証だからです。

【経絡鍼灸の原則:瀉法する時も必ず体を補して瀉法するのが原則です。】


以上。


経絡鍼灸師の学友ならびに先輩諸先生方の

ご意見・間違いの指摘・などを、

当院へお送りくだされば幸いです。

メール :
yukkurido@ybb.ne.jp

まで。。。。。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°♪

ゆっくり堂 鍼灸院 
山口一誠 
住所 : 宮崎市天満2-4-26
http://you-sinkyu.ddo.jp/
メール :
yukkurido@ybb.ne.jp

電話 : 0985-50-5174

礼節・愛・幸福・・感謝・ケセラセラ・
のびのびと希望を持って、ゆっくり行こうよ。♪

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°♪♪


2012.年 7月 吉日・・


 ※ 詳しくは本文:
  「南北経驗醫方大成による病証論 井上恵理 先生 講義録」
   発行:東洋はり医学会、をお読みください。

経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ



2008年4月8日、ゆっくり堂 鍼灸院を開設しました。

漢方医学には三つの治療方法があります。
ゆっくり堂は、20年の漢方薬の指導に加えて、鍼灸治療の
二つの健康療法でお客様の健康にに奉仕します。

ゆっくり堂 鍼灸院の治療内容は
こちらをクリックしてください。


漢方薬のご相談はこちらから
ゆっくり堂・薬の山口にて承ります。


最近、ブログしています。
ゆっくり堂の健康通心です。

おもしろ健康情報が無料で聞けます。
やまちゃん放送局

* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠

やまちゃんのプロフィール

1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂 薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中

 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26
営業日

営業時間
土曜日、日曜日も
営業します。
午前9時〜午後7時
定休日 火曜日です。
あなたの都合の良い日時をお電話ください。0985-50-5174
yukkurido@ybb.ne.jpまでメールください
ゆっくり堂鍼灸院までの案内図
since 2002.12.25 last update 2008.9.29
1