ゆっくり堂のホームページをリニューアル中です。

こちらをご覧ください。

リンク先

証決定と治療穴
http://yukkurido.jp/keiro/d1/


::::::::::::::::::::::::::::::::::::

home
経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ

d1 証決定と治療穴


経絡治療の証決定の特徴は「診断即治療」にあります。

証決定(診断)が決まれば、治療方針と治療の経穴(ツボ)が自動的に選定される仕組みになっています。これが、「診断即治療」の所以です。

証決定の基本理論について。

陰陽虚実論・陰陽五行論・病因論・「難経六十九難」の治療法則によって考察されています。

証決定の種類は、
単独証の、肝虚証・肝和法・脾虚証・肺虚証・腎虚証・       
相剋証の、肝虚脾実証・脾虚肝実証・脾虚腎実証・肺虚肝実証・腎虚脾実証・腎虚心旺気実証・
腎虚心実証・腎虚脾和法証
相剋調整の、脾虚肝虚証・脾虚腎虚証・肺虚肝虚証・腎虚脾虚証・
などがあります。

証決定の種類例表 gd11




治療方針と治療の経穴について。

経絡治療においては、
患者様から「最も苦痛な改善を望んでいる所の訴へ」を聞いて、
その「主訴」を根本的に改善することが治療の目的になります。

そして、その目的を達成する為には「証決定の3段階」を経て「証決定と治療穴」に導きます。

「証の第一段階」は、施術の選択と使用する鍼(用鍼)の選択です。

四診から患者の現す病、内因・外因・身体の虚実を診分けます。
虚は補法が中心で細くて軟らかい鍼(銀鍼)を用います。
実は瀉法中心の治療で太くて硬い鍼(ステンレス鍼)を用います。


「証の第二段階」は、病症の経絡的弁別です。

四診から得た病症郡を経絡説によって十二経絡の病症から、
「経絡の変動」に弁別することです。


「証の第三段階」は、主証経絡の決定です。

最終的には脉診を中心にして決定して行きます。
陰主陽従・補法優先・基本脉型が基礎になります。
虚経が二つならぶ時には「五行と難経六十九難理論」から「子」の経が「主証」になります。
相剋関係にある脉位が共に虚を現す時、これを左右に振り分けてその治療を進めます。
この際、先に行なうものを「主証」=「本証」と言い、後を「副証」と言います。


証決定の名称と本治法における基本の治療穴例
単独証の肺虚証には太淵穴・太白穴に補法をします。
相剋証の肝虚脾実証には曲泉穴に補法。商丘穴に瀉法をします。
相剋調整の肺虚肝虚証には本証として太淵穴・太白穴に補法、
副証には曲泉穴・陰谷穴に補法をします。

証決定と治療穴、参考例表 gd21




証決定と治療穴の運用は、

病気になった時、病気を治す「リセットボタン」が「治療穴」と考えても良いですね。









経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ







鍼灸師の山口です。

宮崎の夏はアロハが似合います。
もちろん鍼灸治療中は白衣の鍼灸師です。
ゆっくり堂 鍼灸院・ 鍼灸師:山口一誠


2008年4月8日、ゆっくり堂 鍼灸院を開設しました。

漢方医学には三つの治療方法があります。
ゆっくり堂は、20年の漢方薬の指導に加えて、鍼灸治療の
二つの健康療法でお客様の健康にに奉仕します。

ゆっくり堂 鍼灸院の治療内容は
こちらをクリックしてください。


漢方薬のご相談はこちらから
ゆっくり堂・薬の山口にて承ります。

最近、ブログしています。
ゆっくり堂の健康通心です。

おもしろ健康情報が無料で聞けます。
やまちゃん放送局

* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠

やまちゃんのプロフィール

1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂 薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中

 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26
営業日

営業時間
土曜日、日曜日も
営業します。
午前9時〜午後7時
定休日 火曜日です。
あなたの都合の良い日時をお電話ください。0985-50-5174
yukkurido@ybb.ne.jpまでメールください
ゆっくり堂鍼灸院までの案内図
since 2002.12.25 last update 2008.9.29
1