home
経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ

d103 肺虚証 (基本偏)

実際の患者の治療に合わせて、

「肺虚証」という証決定(診断)と治療方針および治療の経穴(ツボ)が選定される仕組みを解説します。

経絡鍼灸治療は、
陰陽虚実論・陰陽五行論・病因論・「難経六十九難」の治療法則によって考察されています。

症例を基に証決定(診断)の解説します。


患者は35歳の女性です。

主訴は、咳嗽して胸苦しい。

副訴及び四診からの情報は、
肩こり。皮膚乾燥し艶がない。食欲不振。身体が痩せている。身体が重い。
関節や節々が痛む。みぞおちの部が張って苦しい(心下満)。ややめまいがする。
胸いきれして咽が渇く。発熱がある。咽喉が痛い。鼻水が出る。胃部膨満感あり。
頭痛がある。等です。 (胸いきれ:胸が蒸されるような熱気の状態。)

脉診では、

脉状診(六祖脉)は、浮・数・実(ショク・大)

比較脉診は、

1、右手寸口沈めて(肺)最も虚し、次に関上(脾)これに次いで虚。この陽経は共に実。
2、相克する左手の寸口(心)、関上(肝)は沈めて実。この陽経は共に虚。
3、この証決定に加わらない両手の尺中は陰陽共には平位。

肺虚証、脉状診・比較脉診の書込表 gdh11



主訴は、咳嗽の経絡変動弁別、書き込み表 gdh22



この、患者の証決定は経絡変動の弁別から、「肺虚証」の診断名が決められる訳です。

次に、この治療法を述べます。  (虚実・肺虚証、五行参考図、参照)

はじめに、六十九難の治療原則の要点を箇条書にします。

@ 法則1:虚する時はその母を補う。

A 法則2:実する時はその子を瀉す。

B 法則3:「補法優先の原則」
    補法と瀉法を共に用いる場合は、まず補法を先にして正気を補い、後に瀉法を行う。

C 法則4:「正経自病の原則」
      その一経絡のみが病んでいて、他の経絡に関係しない時は、
      相生(母子)関係や相剋関係を考えることなく、その経絡のみに補瀉を行う。
  
難経六十九難の4法則を運用しながら、「肺虚証」の治療法を解説します。

@ 法則1:虚する時はその母を補う。
にて、肺経中の母穴、右太淵(兪土原、体重節痛を主る)に、法則3:「補法優先の原則」
とり補法を行います。施術ご検脉をします。脾経に虚を認めればAに移ります。
   (右を選んだ理由は陰陽の関係より女性を右、男性を左とします。)「適応側の法則」

A 続いて母経の脾経の右商丘(経金、咳嗽寒熱を主る)又は太白穴に、補法を行います。
  施術ご検脉をします。肝・心経に実を残す時はBに移ります。

B 法則2:実する時はその子を瀉す。 (Aより脾を母穴、心を子穴となる)
にて、心経の代行である心包の左労宮(栄火、身熱を主る)に瀉法を行います。

※ 現代人は虚体が多いので陰経に瀉法を行うことは稀ですが、「補中の瀉法」の手技あり。


C 法則4:「正経自病の原則」(正経自病は、一気二経の変動・単一主証とも呼びます)
      その一経絡のみが病んでいて、他の経絡に関係しない時。
肺虚証における正経自病は脉診においては右手寸口(肺)のみが虚脉となり、その陽、大腸経が実脉を現しています。これを一気二経の変動と言います。
この場合の、病状は寒熱、咳嗽し、咽喉が痛み、鼻水、頭痛、発熱等を呈し未だ汗出ず胸苦しく肩背強張る等の症状が出ます。
そこで、この治療方法は、相生(母子)関係や相剋関係を考えることなく、その経絡のみに補瀉を行います。法則3:「補法優先の原則」より、肺経中の右経渠(本穴・経金、咳嗽寒熱を主る)に、補法を行います。または、法則1の右太淵でも良いです。
次に、陽経の大腸経の瀉法を処置します。
この経の触覚所見を診て、五要穴の(絡穴・ゲキ穴・原穴)を使用することが常です。
または、法則2「実する時はその子を瀉す」より、二間穴(栄水・子穴)に瀉法を処します。

虚実 五行参考図 gdh31



肺虚証、五行参考図 gdh41




経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ







鍼灸師の山口です。

宮崎の夏はアロハが似合います。
もちろん鍼灸治療中は白衣の鍼灸師です。
ゆっくり堂 鍼灸院・ 鍼灸師:山口一誠


2008年4月8日、ゆっくり堂 鍼灸院を開設しました。

漢方医学には三つの治療方法があります。
ゆっくり堂は、20年の漢方薬の指導に加えて、鍼灸治療の
二つの健康療法でお客様の健康にに奉仕します。

ゆっくり堂 鍼灸院の治療内容は
こちらをクリックしてください。


漢方薬のご相談はこちらから
ゆっくり堂・薬の山口にて承ります。

最近、ブログしています。
ゆっくり堂の健康通心です。

おもしろ健康情報が無料で聞けます。
やまちゃん放送局

* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠

やまちゃんのプロフィール

1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂 薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中

 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26
営業日

営業時間
土曜日、日曜日も
営業します。
午前9時〜午後7時
定休日 火曜日です。
あなたの都合の良い日時をお電話ください。0985-50-5174
yukkurido@ybb.ne.jpまでメールください
ゆっくり堂鍼灸院までの案内図
since 2002.12.25 last update 2008.9.29
1