home
経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ


d105 相剋調整の基本理論


@ 剋調整の治療法とは、
  相剋関係にある脉位が共に虚を現す時、これを左右に振り分けてその治療を進める事です。

この際、先に行なうものを「本証」言い、後を「副証」と言います。

例、肺肝相剋:(肺虚肝虚相剋調整証)では、
  肺虚証を「本証」言い、肝虚証を「副証」と言います。



A 「本証」の決定方法:

1、主訴、愁訴の集中している経絡を「本証」します。
2、「本証」決定: 新病。 病激しい経。母子揃って虚。
3、以上を考察しても決しない時は大腹、小腹を比較して虚を「本証」とします。

すなわち、
大腹の虚は肺か脾の虚。小腹は肝か腎の虚を「本証」とします。


B 適応側の決定方法: 

1、片方より優先的に治療します。
2、男は左側。 女は右側。 
3、病が片方のみに偏在する時は健康側より治療とします。
4、急性病の時は病側より治療します。

※ 陽経への処置は病側に合わせて行なう。
  病側不定の場合は六部定位の脉位に従い施術とします。

C 誤治(副作用が出る治療)について。 

1、「副証」の方より施術すると誤治になる。
2、単一主証を行なうものに相剋調整を用いると誤治になる。
3、相剋調整を行なうものに単一主証を用いると病の改善よろしくないです。

D 「本証」の取穴は定則的に行なう事。
  「副証」は定則か病証的取穴か原穴、絡穴、ゲキ穴、等を必要に応じ用います。

例、 肝脾相剋:(肝虚脾虚相剋調整証)の場合で、
   主訴が「逆気して泄らす」の場合は、
「本証」は定則的母穴:「肝の曲泉」「腎の陰谷」
「副証」は病症的取穴(合水穴)「脾の陰陵泉」を用います。










経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ







鍼灸師の山口です。

宮崎の夏はアロハが似合います。
もちろん鍼灸治療中は白衣の鍼灸師です。
ゆっくり堂 鍼灸院・ 鍼灸師:山口一誠


2008年4月8日、ゆっくり堂 鍼灸院を開設しました。

漢方医学には三つの治療方法があります。
ゆっくり堂は、20年の漢方薬の指導に加えて、鍼灸治療の
二つの健康療法でお客様の健康にに奉仕します。

ゆっくり堂 鍼灸院の治療内容は
こちらをクリックしてください。


漢方薬のご相談はこちらから
ゆっくり堂・薬の山口にて承ります。

最近、ブログしています。
ゆっくり堂の健康通心です。

おもしろ健康情報が無料で聞けます。
やまちゃん放送局

* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠

やまちゃんのプロフィール

1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂 薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中

 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26
営業日

営業時間
土曜日、日曜日も
営業します。
午前9時〜午後7時
定休日 火曜日です。
あなたの都合の良い日時をお電話ください。0985-50-5174
yukkurido@ybb.ne.jpまでメールください
ゆっくり堂鍼灸院までの案内図
since 2002.12.25 last update 2008.9.29
1