home
経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ


e207 正しい姿勢


このコーナーでは、経絡鍼灸の施術をする上で、「身体」と「心」の姿勢 について述べます。




@ 身体の正しい姿勢 について。


1、正しい姿勢は水平な目線を維持するところから始まる。


目線を水平にすることが大切なのは、目に入った情報が傾いていると、

脳がそれを補正します。この補正の時間の無駄と、補正の狂い、が生じるようです。

ちなみに、鍼灸施術での私の経験では、

目線を水平にした姿勢を維持して施術を行うと、

押手と刺手の感覚がよくなり、

刺入した鍼尖の状態が理解できます。

そして、そのツボの反応を患者様と施術者が同様に感じた時、

その施術はより良い効果を発現できます。


目線を水平にすることで脳は正常な判断をして良い施術ができると思われます。


「脳に悪い7つの習慣 」著作:林 成之  幻冬舎新書 を参考に。


経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ




A 心の正しい姿勢 について。


1、「治療家の心得 その1」

☆ 脉を診ることは人生の修行である ☆

井上恵理先生の講和録「病症論」(東洋はり医学会・発行)

を読みながら、井上恵理先生の言霊を綴ってみます。

経絡鍼灸の真髄に少しでも近づければ良いのですが・・・

脉を診ることは人生の修行である。

脉を診る時に一番、重要なことは「心構え」が大切です。

虚心坦懐でなければいけない。

無心にありのままを取る。

何も考えないということです。

今まで聞いたこと診たことを忘れてしまうことです。

考えないと言う事は、何かを考えているのです。

その目標を何に置くかです。

唱え事は、精神統一の一つです。

お経でも良い。

そうすると脉の正常な物が診られる。

左手を診る時は、右手が解る。

訓練すると、診ていない方が診えるのです。

それは無心になるからです。

それには脉位をはっきり決める事、

例えば、中脉に持って行ったらそこで無心の状態に成って、

ソーッと押さえる、押さえ方が自然に、

沈んだり浮いたりに成ると脉がわかって来るのです。

仏教においては、花で目を、香りで臭いを、

鉦(かね)で耳の不浄を無くし、

一つの物に集中させるのです。

脉をしっかりとれる人は、精神的にも成長します。

所謂雑音を聞かせない、自分に素直に考えれば答えは出てくるのです。

治療家は人に成れと言うのがそれです。

脉を診るという事は、唯、単なる診断という事ではなく、

自分の修行として、我々が真剣に取り組んでいる気持ちが尊いのです。

それが、患者に解るのです。

そこから、患者の信頼を得ることができ、

患者の病気の治り方が違ってくるのです。

:::::::

やまちゃんも経絡鍼灸の例会で、

先輩の脉診、手技を見る度に、

素直にその高さを感じます。

感じるだけ・・・成長したか・・?

「まだ、まだ、これで終わりと思ったら、けいらく鍼灸師は廃業だと。」

有元先生に教育的指導を受ける毎日です。




2、「治療家の心得 その2」


東洋はり医学会の鍼灸師、坪井勝男先生は、

けいらく鍼灸師の心得の一つに、

そのツボに鍼を構える時、

「どうか良くなりますように」と念じながら、手技を行うこと・・・

一つのツボを選ぶのもそれがあってのことだと。

鍼をもつ手の奥にある心は、

患者様の生命力強化が発揮されることを念じて、

目的を持って、一鍼、一鍼、心をこめて、丁寧いに鍼を打つ。

そうすることで、患者の苦しむところに「気」が届き病邪を追い出していくものだと。。

また、

ホノミ漢方の創始者「高橋良忠先生」は、

「薬師の心得」として、漢方を勉強し、

漢方治療を心掛ける者は感謝から生じた「人に正しく施す気持」をもつこと・・・

「治してあげたい」気持ちが患者に「意おのずから通じて薬を効かせ治せる」ものである。

病気は自然治癒力を湧かす本人が治すもので、

薬・ハリ・灸は病気を治す手だすけをするものである。と・・・


経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ



B その他。

脳に良い習慣のお知らせ。

元気に生活する方法のヒントになる本に出会いました。

☆ 脳に良い習慣 ☆

鍼灸の月刊誌に、林成之先生(日本大学大学院・総合科学研究所教授)の
寄稿文が掲載されています。

「人間のこころと本能を考える」です。

脳に良い習慣をつける七の方法を実践すれば、
人生が楽しく生きれるお話です。

@ 何事にも興味を持ち好きになる習慣。
A 人の話を感動して聞く習慣。
B 損得抜きに常に全力投球する習慣。
C 出来ない、無理と言ったマイナスの考えをしない習慣。
D 何事も自分でヤッテやると言う習慣。
E 最後まで一気にやり遂げてから次の事をする習慣。
F 繰り返し考える習慣。

人間の本能の一つである。
「他者との違いを認めて共に生きると言う本能」
を意識して、脳に良い習慣を行えば幸せが、

自分にも、相手にも来るそうです。

ま、そんなわけで、

林成之先生のこれらが書いてある本を読んでいます。
「脳に悪い7つの習慣 」 幻冬舎新書 です。
また、
林成之先生て、どこかで聞いた名前だと思い、
書棚を探していたら、
柳田邦男著作「脳治療革命の朝」で文中に登場されていました。
それは、日大板橋病院救命センターにおいて、「脳低温療法」
を駆使して、人命救助率を各段位に上げた先生でした。


☆ 小さなプライドを捨てる。☆

プライド【pride】(誇り。自尊心。自負心。)を捨てる。


鍼灸の仕事は「楽しいやろ」と・・・
経験ゆたかな鍼灸師の先生に言われた事があります。
また、ある時、
お母様を当院で施術している時、
その娘様が「鍼灸師の仕事が楽しいのですね」と言われました。

やまちゃんは今、とても「楽しいのです。」
患者様の病気を改善している「よろこび」を体験できている今が・・・

林成之先生の
「脳に悪い7つの習慣 」 幻冬舎新書 を読んでいます。

姿勢の項目がありまた。
目線を水平にすることで脳は正常な判断をして良い施術ができると・・・

すこし、引っ込みがちで、
業界や医療の仲間の所へ足が向いていなったのですが、

これからは、
やまちゃんの小さなプライドをゴミ箱に捨てて、
治療者の仲間の所に行きたいと思います。

プチ、プライドやま。・・・



経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ







鍼灸師の山口です。

宮崎の夏はアロハが似合います。
もちろん鍼灸治療中は白衣の鍼灸師です。
ゆっくり堂 鍼灸院・ 鍼灸師:山口一誠


2008年4月8日、ゆっくり堂 鍼灸院を開設しました。

漢方医学には三つの治療方法があります。
ゆっくり堂は、20年の漢方薬の指導に加えて、鍼灸治療の
二つの健康療法でお客様の健康にに奉仕します。

ゆっくり堂 鍼灸院の治療内容は
こちらをクリックしてください。


漢方薬のご相談はこちらから
ゆっくり堂・薬の山口にて承ります。

最近、ブログしています。
ゆっくり堂の健康通心です。

おもしろ健康情報が無料で聞けます。
やまちゃん放送局

* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠

やまちゃんのプロフィール

1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂 薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中

 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26
営業日

営業時間
土曜日、日曜日も
営業します。
午前9時〜午後7時
定休日 火曜日です。
あなたの都合の良い日時をお電話ください。0985-50-5174
yukkurido@ybb.ne.jpまでメールください
ゆっくり堂鍼灸院までの案内図
since 2002.12.25 last update 2008.9.29
1