home
経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ


  和法の脉 とその手技 e209


 
和法の脉状の特徴

 虚の脉の中にわずかに指の腹をつくような感触を感じる脉状 。


対象者

「内傷なければ外邪入らず」が経絡、病因論の原則であるが、
相剋的に虚を現す病体が更に続いて内外の邪気に犯され、その一方が病実、邪実となり、
いわいる「陰実」の病証が現れる。
この際の脉状には、邪実と虚性の邪があるが、これを正しく処理すると、
実より虚に移行することになるが、この過程において、
虚の脉の中にわずかに指の腹をつくが如き虚とも実ともつかぬ脉状」が触れるものである。
これが、
「和法の脉状」の対象者となる。
また、
始めから「和法の脉状」をていする患者もいる。


用鍼は、銀の1番〜2番鍼。


本治法の対象穴

定則穴が用いられる。

触覚所見によっては、げき穴、原穴等を代用する。


手技の目的

 経気(陰気)の滞りを流す。 中和させる手技である。


本治法の実技の手順

和法の手技

(1)経絡の流れに随って取穴し、押手を構える。

(2)刺手は竜頭を軽く持ち経の流れに随って、目的の深さ接触から、
   2〜3ミリ刺入し、鍼を押しつけたり、緩めたりを繰り返す。
   抵抗がとれたら、

(3)押手の下面にて、鍼口を保護し、おもむろに抜鍼する。

(4)一呼吸おいて、押手を離す。


本治法の効果

治療宜しければ、艶のある和緩を得た脉状になり、身体に温かみを感じる。



古典考察
 
黄帝内経・霊枢九鍼十二原偏 第一、第三章、二.より。

 按而引鍼、(あんじてはりをひく)
 是謂内温、(これをないおんという)
 血不得散、(ちはさんずることをえず)
 氣不得出也(きはいづるをえざるなり)

現代訳文:

鍼口を押さえて、静かに押したり緩めたり(按摩)していると、患者は温かみを感じる。

これを内温の鍼と言い、滞っていた気血がスムーズに流れたことを意味する。

これは、血も気も漏れ散じることなく脉が整ったことを現すものである。

この手法を和法の手技と言う。






経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ







鍼灸師の山口です。

宮崎の夏はアロハが似合います。
もちろん鍼灸治療中は白衣の鍼灸師です。
ゆっくり堂 鍼灸院・ 鍼灸師:山口一誠


2008年4月8日、ゆっくり堂 鍼灸院を開設しました。

漢方医学には三つの治療方法があります。
ゆっくり堂は、20年の漢方薬の指導に加えて、鍼灸治療の
二つの健康療法でお客様の健康にに奉仕します。

ゆっくり堂 鍼灸院の治療内容は
こちらをクリックしてください。


漢方薬のご相談はこちらから
ゆっくり堂・薬の山口にて承ります。

最近、ブログしています。
ゆっくり堂の健康通心です。

おもしろ健康情報が無料で聞けます。
やまちゃん放送局

* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠

やまちゃんのプロフィール

1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂 薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中

 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26
営業日

営業時間
土曜日、日曜日も
営業します。
午前9時〜午後7時
定休日 火曜日です。
あなたの都合の良い日時をお電話ください。0985-50-5174
yukkurido@ybb.ne.jpまでメールください
ゆっくり堂鍼灸院までの案内図
since 2002.12.25 last update 2008.9.29
1