home
経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ


弦実の脉 と その手技    e211



弦実脉状の特徴  

1、陰経の脉状名である。

2、張りたる弓の弦を按す如し、按せども沈まず、挙ぐれば指の腹についてくる、やや速き脉。



対象者
 
肝、胆、心腹痛。
 
肌肉筋脈等に、コリを現す。
 
気血の流通を妨げている病体。
 
冷え、痺れ痛み、頭痛を訴える。その部を触察すると、

「獨り堅かれ」の所見あり。


慢性痼疾の糖尿病、リウマチ、神経痛、更年期障害、労倦の積み重ねの者。



用鍼は、ステンレスの3番〜7番鍼。(のげ型)



弦実の実技手順

(1)経絡の流れに逆って取穴し、押出を構える。

(2)刺手は竜頭をある程度しっかり持ち極めて静かに3〜4ミリ刺入し、

(3)静かに静かに回施ないし、刺動法を加える。


   
効果

その鍼響が経絡の流注に随って感通し、時に手足の要穴への刺鍼が、

肩や後頸後頭部等の硬結を現わしている愁訴部に響き、極めて快感を得る。

検脉すると、

陽経の脉にしかるべき邪実が現れる。(多くは、弦実の脉状)

そして、

陽経の脉状にしたがい、陽経の瀉法をおこなう。



 ※ 陰経(肝心脾肺腎)の実の脉に対する瀉法の手技。

これは、本格的な陽経の邪実を瀉法するための前段の手技である。


 本治法における瀉法の基本。

瀉法を行う前に補法を行う。陰経の生気を補うと、

陽経の脉状に邪実の脉状が浮き上げられます。

そして、この邪実を瀉法します。





経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ







鍼灸師の山口です。

宮崎の夏はアロハが似合います。
もちろん鍼灸治療中は白衣の鍼灸師です。
ゆっくり堂 鍼灸院・ 鍼灸師:山口一誠


2008年4月8日、ゆっくり堂 鍼灸院を開設しました。

漢方医学には三つの治療方法があります。
ゆっくり堂は、20年の漢方薬の指導に加えて、鍼灸治療の
二つの健康療法でお客様の健康にに奉仕します。

ゆっくり堂 鍼灸院の治療内容は
こちらをクリックしてください。


漢方薬のご相談はこちらから
ゆっくり堂・薬の山口にて承ります。

最近、ブログしています。
ゆっくり堂の健康通心です。

おもしろ健康情報が無料で聞けます。
やまちゃん放送局

* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠

やまちゃんのプロフィール

1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂 薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中

 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26
営業日

営業時間
土曜日、日曜日も
営業します。
午前9時〜午後7時
定休日 火曜日です。
あなたの都合の良い日時をお電話ください。0985-50-5174
yukkurido@ybb.ne.jpまでメールください
ゆっくり堂鍼灸院までの案内図
since 2002.12.25 last update 2008.9.29
1