home

鍼灸院治療内容

鍼灸院脈の見方

鍼灸院経絡治療とは

鍼灸院お勧めすぐ効くツボ

子宝相談

ゆっくり堂鍼灸院お勧め気血水ダイエット

宝鍼箱

ゆっくり堂鍼灸院はこんなお店です

↓姉妹サイト↓
健康BOX
やまちゃん通信
やまちゃん放送局


宝 鍼 箱

ここは、ゆっくり堂の鍼灸施術例や漢方薬での治療例、養生方法 、
経絡鍼灸の方法などについて述べるコーナーです。
お客様の健康のヒントになれば幸いです。




 
5分間・経絡(けいらく)体操 2

 養生コーナーNO:h405

「5分間・ 経絡(けいらく)体操(案)2.HP用」

 製作・著作権者:ゆっくり堂 鍼灸院  & 
          ゆっくり堂 薬の山口 漢方薬相談店 

 鍼灸師:山口一誠

漢方薬相談員:山口ひろ子    

-------------------------------------------
         

 「けいらく体操」のやり方は、
気の流れをイメイジして、指を皮膚やツボの部分に軽くあてて流していくものです。

皮膚の表面、手足が出せる場合は直接にやさしく肌に触れるか、羽毛を撫ぜる様な感じでしましょ う。

衣服の上からでも可能です。

どんな時間帯にでも、どこでも、一人でも、介助者の助けを借りても出来る体操です。

朝、起きた時に、寝床の中でも、また、日中に少し時間がある時に、立位でも、イスに座ったままでも、また、介助を必要とされる方は、介助者が経絡の流注を流してください。

この体操をすることで、
気血が良い状態に流れ、五臓六腑の調子が良くなり、
今日の健康が、保たれれば良いなと思います。

また、流注上の変化を捕らえる事で、
病気の早期発見にも寄与すると思います。

-------------------------------------------

  (   )内は読まない。
  《   》は指導者の掛け声。& 声歌:音楽。
  【体操動作】
  『  』はせりふ台詞、みんなで、掛け声。

(姿勢:立位、前頭面で、上肢(肩)側方挙上45度、手の平をひらく。)

     (女性は左手指で右上肢をなぞる、男性は逆。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 《らくらくスキンタッチ体操をはじめま〜す。》

《1番はハイキングコースで〜す 。》 


〔体操動作図〕



《1番はハイキングコースで〜す 。》 

 【体操動作】

《お腹に手を当てて、おおきく、おへそのまわりを右回りしま〜す。》

 (【体操動作】しながら)

『(みんなで、)
ハイダイチョー、』

【体操動作】

《指を鎖骨にすべらせて、肩をめぐって、上腕、前腕のてのひら 掌面母指側、通り、親指まで。》

 
《2番、ダイスキ、コースで〜す。》

〔体操動作図〕



(手の平を返して手の側方をなぞて行きます。)

【体操動作】

《人差し指から、合谷通って、肘の池まわり、肩をグウーと上がって、首の後ろダイツイ軽くタッチ、前に戻って、鎖骨をさすって、肩の骨、首の横をよりほお頬に上がって、口を回って口ひげあるかな?、鼻(反対側)のふくらみへ。》

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(全員で合唱:リズミカルに。 せりふ台詞:掛け声:病気の診分け方。)

 『お肌も若く、温かい、咳も出ないで、今日も一日、気分の良い日です。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《ここで、手を変えて動作をくり返しま〜す。》

《1番はハイキングコースで〜す 。》 
《お腹に手を当てて、おおきく、おへそのまわりを右回りしま〜す。》

 【体操動作】(しながら)『(みんなで、)ハイダイチョー、』

《指をさ こつ鎖骨にすべらせて、肩をめぐって、じょうわん上腕、ぜんわん前腕のてのひら ぼ
し そく掌面母指側、とお通り、親指まで。》

 【体操動作】

《2番、ダイスキ、コースで〜す。》
(手の平を返して手の側方をなぞて行きます。)
《人差し指から、ごうこく合谷通って、ひじ肘の池まわり、肩をグウーと上がって、首の後ろダイツイ軽くタッチ、前に戻って、鎖骨をさすって、肩の骨、首の横をよりほお頬に上
がって、口を回って口ひげあるかな?、鼻(反対側)のふくらみへ。》

 
------------------------------------------------
〔体操動作図〕
        (ここは、両手の指で手技を行なう。)



続いて、3番、およめにい胃こうよ。

鼻茎を上がって、山根で左右交わり再び別れ、目の内まなじり、下マブタから真 っ直ぐ降りてあごのツボ、再び上がってコメカミ、タッチ、また下って、喉仏をめぐる循って、胸 骨と乳の間を下って、乳線ラインも流しつつ、

『 い〜胃に属し碑を絡う。 』

ミゾオチ、外2寸のお腹を下って気衝穴、大腿の前外側を下り、膝頭を循り下腿の前外側を通り、足の甲、足の第二指の外端児[穴に終わる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

( せりふ台詞:掛け声:病気の診分け方。)

 『今日もご はん御飯は腹八分目、身体も軽く、足腰元気。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(ここも、両手の指で手技を行なう。)

〔体操動作図〕



続いて、 4番、足の太いひ けい脾経さん。

足の親指内側、隠白さんから始りて、足の内側の赤白肉の間を通り、内果のん上方三寸、三陰交を過ぎ、膝の内
側を通り、大腿の内側を上がりて、お腹をジグザグしながら、上がり、お臍の上方で、、、

『脾に属し胃を絡う。』

胸に上がりハートに入る。 乳の横、乳線の外方二寸のい周栄さんから、大包に 下り、さらに反転上行して舌下に散るが如く終わる。

------------------------------------------------
〔体操動作図〕
 

         
 続いて、5番、 こころ心 の コース。

ハートから、おへその少し上、か かん下?をタッチ、

『心も良いし、頭もさえて、小腸も元気』

わき腋の下から、上腕の掌側通り、前腕、小指側を下り、小指内端爪根部 の 少衝穴に至る。


続いて、6番、 小指の思い出、コースです。

〔体操動作図〕



小指外端、少沢穴より、背面上がり、前腕尺骨側、上行し、肩甲骨に至る。
肩甲棘、越えて、背中の大椎をタッチ、前に回ってチュウカン穴にて

『ハートを絡い、小腸に属す。』

頸(くび)に上がり、頬(ほほ)を経て目の鋭眥(めじり)、に至り、頬(ほほ)骨の下、顴?(けんりょう)より耳珠中央の前、聴宮(ちょうきゅう)に終わる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

( せりふ台詞:掛け声:病気の診分け方。)

『目もよ良い、耳もい良い、触覚、味覚、嗅覚、大丈夫。ねつ熱なく、ひ冷えなく、体調良候、気
分もそうかい爽快。』

 『 こころ心 の コースだよ。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 《ここで、手を変えて動作をくり返しま〜す。》

続いて、5番、 こころ心 の コース。

ハートから、おへその少し上、か かん下?をタッチ、

『心も良いし、頭もさえて、小腸も元気』

腋の下から、上腕の掌側通り、前腕、小指側を下り、小指内端爪根部 の 少衝穴に至る。

続いて、6番、 小指の思い出、コースです。

小指外端、少沢穴より、背面上がり、前腕尺骨側、上行し、肩甲骨に至る。
肩甲棘、越えて、背中の大椎をタッチ、前に回って?中穴にて

『ハートを絡い、小腸に属す。』

頸(くび)に上がり、頬(ほほ)を経て目の鋭眥(めじり)、に至り、頬(ほほ)骨の下、顴?(けんりょう)よりじゅす耳珠中央の前、聴宮(ちょうきゅう)に終わる。

------------------------------------------------
〔体操動作図〕



   (ここは、両手の指で手技を行なう。)

続いて、7番、太陽と遊ぼうコース。

背中にお日様を浴びるようにかろやかに、ゆっくりと指を流しましょう。

目の内まなじりに睛明(せいめい)力あり、頭に上がって百会(ひゃくえ)にタッチ、脳を絡い、
項(うなじ)に下る。背の両側1寸半、背の両側3寸の背腰部を下り、

『腎を絡い膀胱に属す』

臀部を通り、大腿の後側を下って膝(ひざ)裏の中に入る。下腿の後側を経て、外果の後を通り、 足の外側を経て第五指の外端の至陰(しいん)穴に至る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
( せりふ台詞:掛け声:病気の診分け方。)

『足の冷えなく、頭がのぼせもない。今日も元気で小便の切れもいい。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 (ここは、両手の指で手技を行なう。)

〔体操動作図〕



 続いて、8番、 腎(ジン)とくる、コースです。

 
足の裏、おせば泉の湧くところより、内果(うちくるぶし)の後を通り、三陰交に交わる。
下腿の後内側を通リ膝の後内側にある陰谷穴に至り、大腿の後内側を通って、尾骨先端の督脈経の長強穴に入り、出でて前に行き任脈経の外側五分のところを上がって、
へそ臍のかたわ傍らこう ゆ肓兪穴より中に入って。

『腎に属し、膀胱をまと絡う。』

胸を上がって肺に入り、出でて気管を循り舌根に終わる。


------------------------------------------------

続いて、9番、手の心包経、コース。

〔体操動作図〕



胸中に始まり心包に属会し、
横隔膜を下って上カン、中カン、陰交穴の部にて三焦を歴略し。
胸を循り、側胸部の乳頭の外方二寸の天地穴の部に至り、
ここより外経、
脇の下に指をタッチ、上腕、前腕の内面を下り、
手掌を通って中指の先端の母指側の中衝穴に至る。

続いて、10番、手の少陽三焦経 コースです。

〔体操動作図〕



 薬指尺側爪甲根部、爪甲の角、関衝穴(かんしょうけつ)より始まり、手関節背面の陽池穴を経て前腕上腕背面を上がり、肩の後ろから、首の付け根、天?(てんりょう)穴に至り、、項(うなじ)に上がり、翳風(えいふう)穴より、耳の後ろをぐるっと回って、耳門(じもん)、和?(わりょう)、
絲竹空(しちくくう)穴、眉毛外端の陥凹部、に終わる。

『 三焦(さんしょう) を 主(つかさど)り、心包(しんぽう)を絡(まと)う。』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ( せりふ台詞:掛け声:病気の診分け方。)

『 朝は快便、夜は快眠、呼吸も楽だ、。』


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 《ここで、手を変えて動作をくり返しま〜す。》  

続いて、9番、手の心包経、コース。

胸中に始まり心包に属会し、
横隔膜を下って上?、中?、陰交穴の部にて三焦を歴略し。
胸を循り、側胸部の乳頭の外方二寸の天地穴の部に至り、
ここより外経、
脇の下に指をタッチ、上腕、前腕の内面を下り、
手掌を通って中指の先端の母指側の中衝穴に至る。

続いて、10番、手の少陽三焦経 コースです。

 薬指尺側爪甲根部、爪甲の角、関衝穴(かんしょうけつ)より始まり、手関節背面の陽池穴を経
て前腕上腕背面を上がり、肩の後ろから、首の付け根、てんりょう天?穴に至り、、うなじ項に上が
り、
えいふう翳風穴より、耳の後ろをぐるっと回って、耳門(じもん)、和?(わりょう)、
しちくくう絲竹空穴、眉毛外端の陥凹部、に終わる。
『 さんしょう三焦 を つかさど主り、しんぽう心包をまと絡う。』


------------------------------------------------

〔体操動作図〕



(ここは、両手の指で手技を行なう。)

続いて、11番、足の少陽胆経、コース。

 外眼角の外5分、瞳子?(どうしりょう)穴より始まり、
顳?(しょう じゅ:こめかみ)をめぐり、側頭部を経て耳後の完骨穴に至り、再び額に返って、眉毛中央の上1寸、陽白(ようはく)穴、から 、頭に上がって、項(うなじ)の風池(ふう ち)穴をタッチ、ここから、肩の真ん中、肩井穴から、
脇の下の淵腋(えんえき)穴へ、

『肝を絡い、胆に属会する、』

側胸部を下り斜め前方に行き、日月穴に至り、京門穴を経て側腹部を下り、股関節に入り、大腿、下腿の側面を下り外果の前外側を経て、足の第四指外端のそうこうこんぶ爪甲根部のあしきょういん足竅陰穴に終わる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
( せりふ台詞:掛け声:病気の診分け方。)

『目もすっきり、胸もすっきり、脇腹の〜びのび、いつも気分はおおらかです。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 (ここは、両手の指で手技を行なう。)

〔体操動作図〕



 続いて、12番、春です。みどり緑の季節をかん肝じるコースです。

のびのびと、草木の旬芽が伸び上がるように・・・
足の親指、だいとん太敦穴に始まり、第一・第二中足骨の間を上がり、内果の前に至り、下腿内側三陰交に交わり、骨縁を上がって膝の内側、曲泉(きょくせん)穴を経て大腿の内側を上がり、更に、腹を上がって、期門穴の部にて、

『 肝胆(かんたん)あいてらす、今日も元気です。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
( せりふ台詞:掛け声:病気の診分け方。)

『目もすっきり、胸もすっきり、脇腹の〜びのび、いつも気分はおおらかです。』

  以上、おわり。

------------------------------------------------

製作・著作権者:ゆっくり堂 鍼灸院  & 
     ゆっくり堂 薬の山口 漢方薬相談店 

------------------------------------------------
* * * ゆっくり堂 鍼灸院  * * * 

 鍼灸師:山口一誠

ホームページ:http://you-sinkyu.ddo.jp/
メール : yukkurido@ybb.ne.jp

------------------------------------------------

* * * ゆっくり堂 薬の山口 漢方薬相談店  * * * 

漢方薬相談員:山口ひろ子

ホームページ:
http://www.geocities.jp/yukkurido/index.html
メール :hiro1210genki1225@gmail.com

------------------------------------------------
営業日:火曜日〜土曜日、日曜日も営業します。

営業時間 : 午前9時〜午後7時

定休日 : 月曜日です。

------------------------------------------------

HP発表日。

1913年(平成25年)1月14日 (今日は成人式ですね。)





鍼灸師の山口です。

宮崎の夏はアロハが似合います。
もちろん鍼灸治療中は白衣の鍼灸師です。
ゆっくり堂 鍼灸院・ 鍼灸師:山口一誠


2008年4月8日、ゆっくり堂 鍼灸院を開設しました。

漢方医学には三つの治療方法があります。
ゆっくり堂は、20年の漢方薬の指導に加えて、鍼灸治療の
二つの健康療法でお客様の健康にに奉仕します。

ゆっくり堂 鍼灸院の治療内容は
こちらをクリックしてください。


漢方薬のご相談はこちらから
ゆっくり堂・薬の山口にて承ります。

最近、ブログしています。
ゆっくり堂の健康通心です。

おもしろ健康情報が無料で聞けます。
やまちゃん放送局

* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠

やまちゃんのプロフィール

1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂 薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中

 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26

営業日


火曜日〜、日曜日。
営業
時間
午前9時〜午後7時
定休日 月曜日です。
あなたの都合の良い日時をお電話ください。0985-50-5174
yukkurido@ybb.ne.jpまでメールください
ゆっくり堂鍼灸院までの案内図
since 2002.12.25 last update 2008.9.29
1