ゆっくり堂のホームページをリニューアル中です。

1日100人を越える患者さんと向き合い、60年に及ぶ鍼灸治療経験から、
古典を検証し、現代の時代に即応した臨床実践理論を展開された、
柳下登志夫先生の「経絡治療学原論上巻臨床考察‐基礎・診断編」よりの抜粋を、
参考図書コーナーに掲載しました。

こちらをご覧ください。

リンク先

腎水経の変動
http://yukkurido.jp/keiro/bkb/c102/c208/





home


治療内容







子宝相談



こんなお店です

↓姉妹サイト↓
健康BOX
やまちゃん通信
やまちゃん放送局



Gルート 足の少陰腎経

経絡は一般に外経を意識する。
各ツボは治療の診断点であり、治療点になるからである。
そして、
現代経絡鍼灸実践例と古典文献を検証した、内径を中心とした流注を診るとき、
病体の正しい弁証の手立てとなる。
よつて、
ここでは、内径を中心とした流注を展開する。


 内経を中心とした流注と、
現代経絡鍼灸実践例から鍼灸古典文献を検証した、治療穴について考察する。

鍼灸実践考察:

 腎臓および「足の少陰腎経」は先天の原気(両親から受け継いだ命の元)を主る。
それは、個体の維持、生存、生殖を主っている。
漢方医学の陰陽五行論は、万物の発生は「水」に始まると考える。ゆえに、水臓である腎と腎経は個体の生存、発育に大きく関与していると解するのである。
これを鍼灸実践床例にとれば、救急重篤な患者の応急処置として、湧泉・復溜穴に補法を加える。又は腎の主りである下腹部を温める。
健康体は常に頭寒足熱を旨とするが、病体の者は足が冷え頭部の、のぼせ、痛みを訴える。
これに対する処置は、三陰交、太谿に留置鍼を施し、然谷・湧泉穴の現す所見に従い施灸をすると良い。
足の少陰腎経の主治症としては、まず大局的に生気の回復を図り、男女生殖器、泌尿器疾患を治し、更に心下部の苦悶や胃腸、心臓、呼吸器、咽喉の病にも著効を上げることができる。

流注:
膀胱経の終わる所、至陰血より、足の裏にいたり外経が始まり、内果(うちくるぶし)の後を通り、三陰交に交わる。下腿の後内側を通リ膝の後内側にある陰谷穴に至り、大腿の後内側を通って、尾骨先端の督脈経の長強穴に入り、出でて前に行き任脈経の外側五分のところを上がって、臍の傍ら肓兪穴より中に入って腎に属する。これより任脈経を下って膀胱を絡う。
その直行するものは、上がって肺に入り、出でて気管を循り舌根に終わる。






●● 制作にあたり、

 福島弘道著作「経絡治療学原論」を参考文献にしました。
 イラストは青木幸雄さんです。経穴文章構成は太田さんと山口です。

 本資料は病人様が病気を治す一助として使用されることを目的としています。
 また、
 経絡鍼灸療法・経絡漢方薬を個人的に勉学される方に提供します。
 したがって、
 商業目的での、無断転載.引用はご遠慮願います。

経絡鍼灸の応用









*
** ゆっくり堂は 経絡(けいらく)鍼灸の、 
       施術を行ないます。


 経絡鍼灸とは、  

たとえて言えば、
おじいちゃんの健康法「乾布マサツ」です。
早起きのおじいさんは朝一番に乾いたタオルでゴシゴシと、
身体をシゴキマス。・・・「乾布マサツ」です。
これこそが健康のそして長生きの秘訣と言われます。
「乾布マサツ」で全身の血行が良くなるからですね。

経絡鍼灸理論では、

気の流れを良くすることで血行が良くなると考えます。
そして、
鍼灸は長い歴史の中で病気を治すのに、皮膚を刺激するツボを見つけ出し、人体を走行する十二経絡の気のルートを経験の中から導き出し、治療に役立てています。

おじいちゃんの健康法「乾布マサツ」より、
専門的な技術になります。


経絡鍼灸の施術は、

病人様の身体を診るとき、

これを十二経絡の気血の変化と動きと捉え、

その病変を判定(弁証)し、治療のツボを正しく明らかにして、

補瀉調整(基本原則)する鍼灸j術の事をいいます。

*** ゆっくり堂の鍼灸治療の基本原則。

@ 身体に足らないものがあればこれを補う。

A 身体に不必要なものがあればこれを取り除く。

B 先に虚を補い、後に実を瀉法する。

気血の流れを良くして、脈が整う鍼灸治療を施すことで,生命力の強化に繋がります。



* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠

やまちゃんのプロフィール

1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中

 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
050-1338-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26

営業時間
午前9時30分〜午後7時
定休日 日曜日
電話ください
メールください



1