ゆっくり堂のホームページをリニューアル中です。

こちらをご覧ください。

リンク先

ゆっくり堂の鍼灸治療の基本原則 1.2.3.

1、ゆっくり堂は、経絡(けいらく)鍼灸の施術で病状改善を促します。


2、ゆっくり堂は、経絡鍼灸の、本治法と標治法の二つの技を使います。

3、ゆっくり堂は「未病を治す」予防医学を目指しています。

http://yukkurido.jp/shinkyu/kihon/

::::::::::::::::::::::::::::::::::::




home

治療内容







子宝相談





こんなお店です

↓姉妹サイト↓
健康BOX
やまちゃん通信
やまちゃん放送局

治療内容
*** ゆっくり堂の鍼灸治療の基本原則。

@ 身体に足らないものがあればこれを補う。
A 身体に不必要なものがあればこれを取り除く。
B 先に虚を補い、後に実を瀉法する。

気血の流れを良くして、脈が整う鍼灸治療を施すことで,生命力の強化に繋がります。

*** ゆっくり堂は 経絡(けいらく)鍼灸の施術を行ないます。

 経絡鍼灸とは、  
たとえて言えば、おじいちゃんの健康法「乾布マサツ」です。早起きのおじいさんは朝一番に乾いたタオルでゴシゴシと、身体をシゴキマス。・・・「乾布マサツ」です。
これこそが健康のそして長生きの秘訣と言われます。全身の血行が良くなるからですね。

経絡鍼灸理論では、気の流れを良くすることで血行が良くなると考えます。
そして、鍼灸は長い歴史の中で病気を治すのに、皮膚を刺激するツボを見つけ出し、人体を走行する十二経絡の気のルートを経験の中から導き出し、治療に役立てています。
おじいちゃんの健康法「乾布マサツ」より、専門的な技術になります。

経絡鍼灸の施術は、病人様の身体を診るとき、これを十二経絡の気血の変化と動きと捉え、その病変を判定(弁証)し、治療のツボを正しく明らかにして、補瀉調整(基本原則)する鍼灸j術の事をいいます。

本治法は経絡鍼灸の大前提、大原則、
治療順番の一番に施術します。


経絡鍼灸の本治法は十二経絡を整えて、病気を治す方向を最良のものとする一番大事な一番初めに行なう手技なのです。

*** 料金について。

初回料金は五千円です。
内訳は、初診料千円。血流観察料金千円。鍼灸治療費三千円。合計五千円です。 

2回目以降は、鍼灸治療費三千円。(治療希望のみ可)血流観察料金千円。

高校生以下は初回三千円。2回目以降は、二千円。

***診察・治療の流れ。

@ 問診(主訴・副訴をお聞きします。)
A 血流観察(血行、血液観察)
B 経絡鍼灸治療C 再び、血流観察(血行のみ)


ゆっくり堂の治験例

氏名 MM様  女性39歳  お仕事:会社員 初診日 2008年 5月 3日(日曜日)

主訴:肩こり・身体がだるい・目の疲れ。
副訴:回転性のめまい・悪寒・吐き気
            (四月中旬より時々出て不安だ。)

既往歴

2007年10月2日 漢方薬の相談にて来店。
ちくのう症、頭痛などの自覚症状はないが、耳鼻科の診断で慢性副鼻腔炎の診断を受ける。
鼻水は黄色い。ホノミ漢方薬:ホノミビスキン(蓄膿体質改善漢方薬)・ホノミリキ錠(胃腸改善漢方薬)6ヶ月服用。
鼻水黄色改善。蓄膿体質完治。この間、体調不良で何度か病院での診察を受ける。

今回、前期更年期様の症状と仕事多忙にて、主訴、副訴の症状が出たため、
経絡鍼灸治療を希望する。
血流観察の後、経絡鍼灸治療を受け、その後再び、血流観察をする。顕著な改善を見る。

望診

尺部の色:黄色。
顔色:紅色で上気して少し汗ばみあり。
体格  :身長162cm・体重48kg
舌診  :舌質:紅。 舌苔:薄い白苔

聞診 声の大小・喋り方(印象) おだやかで辛抱強い感じ 
    :少し力がないがハッキリとした声。
問診

食欲・二便・睡眠は良好。  あと、ホノミ漢方選薬問診にて。

切診  :皮膚・奏理・緩み 
:全体としてくすんだ黄色。皮膚に艶が少ない。顔面・後頭部にうっすらと汗ばみ上気感あり。

腹証(臍型):水平に3cm閉じてた。
上焦:肺の見所:汗ばみ、もっとも虚。
中焦:脾胃:やや冷感あり軟弱で虚。
下焦:腎の見所:軟弱で虚
上肢:両肩とも冷えあり。 
下肢:右ふくらはぎ冷感あり。
ナソ・ムノ :両ナソ部:ゴム様の硬結あり。
ムノ:平。

後頭部大椎穴より上部に頭重あり。
脈状

 沈・平・虚(右の脈が触れにくい)。
比較脈診 :右手寸口:沈めて肺最も虚。
 右手関上:沈めて脾虚、浮かして胃ややあり。他は平。

病症の経絡弁証:

肝木経の変動:右ふくらはぎ冷感あり。後頭部大椎穴より上部に頭重あり。
心火経の変動:。
脾土経の変動:全体としてくすんだ黄色。皮膚に艶が少ない。
中焦:脾胃:やや冷感あり軟弱で虚。
肺金経の変動:
舌診:舌苔:薄い白苔・
比較脈診:右寸口:肺、最も虚。両ナソ部:ゴム様の硬結あり。

    上焦:肺の見所:汗ばみ、もっとも虚。両肩とも冷えあり。
腎水経の変動: 顔面・後頭部にうっすらと汗ばみ上気感あり。  

証決定  肺虚証に弁別。
適応側  女性であり、右を適応側とする。
予後の判定  ホノミ漢方の服薬により、生命力のアップが出来ているので治療後は良とみる。
治療穴


:本治法:右太淵穴・太白穴を補法(銀鍼寸3の2番鍼)中ユ・天枢穴に補法。
左豊隆穴を補中の寫。

一鍼ごとに倹脈し。右の脈が触れる様になる。5割改善。
 標治法:鎖骨上部、肩井穴・両ナソ部。曲骨から髀関穴の部。 顔面部・背部:督脈ライン・督脈棘ライン・帯脈ラインに補的散鍼。なお、標治法は上部は軽めに施術。 

経絡鍼灸治療後、 脈状、硬からず締まりのある良い脈状に8割かた整う。
 臍型:水平に3cm閉じていたものがほぼ円形に整う。
また、脾胃:やや冷感あり軟弱で虚から、温かい張りのあるお腹に改善する。

血流観察:15時56分観察: 抹消血管抵抗2250. 基礎代謝マイナス6.
経絡鍼灸治療
血流観察:16時26分観察: 抹消血管抵抗1500.基礎代謝+3.に改善。

血行が、血流観察からも良くなったことが証明されました。

治療後の病人様の感想:
5月5日 祭日出勤にお仕事中お電話にて問診。
:仕事がスピーディに進んでいる。

 肩こり、身体のだるさも感じない。とのこと

* * * ゆっくり堂 鍼灸院 * * * 
鍼灸師 山口一誠
やまちゃんのプロフィール
1952年12月生まれ、
腰の病気に罹患後、建設業から
薬業界に入る。
現在、薬種商と して、
ゆっくり堂薬の山口を開業中
別室に、鍼灸師として
ゆっくり堂 鍼灸院を開業中
 メール yukkurido@ybb.ne.jp
 電話 0985-50-5174
050-1338-5174
 住所 宮崎市天満2-4-26
営業日 火曜日日曜日

営業時間
午前9時30分〜
午後7時
定休日 月曜日です。
電話ください
メールください
since 2002.12.25 last update 2008.7.3
1